2013年よりWWEに参戦しており10代からプロレスラーとして活躍してきたベッキー・リンチWWEではシャーロット・フレアー、アスカ、ロンダ・ラウジーらと王座を争い続けておりPPV大会でも大活躍していますよね!!

f:id:TBT:20190704181324j:image

現在は超有名女子レスラーとしてアスカ、ラウジー、リンチと王座戦戦に絡み続けておりこの間までRAW王座を保持。ラウジーのファイヤーマンズ・キャリーを切り返して丸め込みましたな。

今年の1月にはアスカにアスカロックで敗れてスマックダウン王座を手放しましたがロイヤルランブルで負傷欠場したラナの代わりに急遽出場。シャーロットをクローズラインで落として優勝しています。

決め技としてはディスアーマー。いわゆる羽折脇固めでありうつ伏せで倒れている相手の横に腰を下ろして両腕で極める強烈な絞め技でタップを狙うものですな。

他にもTボーン・スープレックスのベックス・プロイダー、裏足4の字固めのフォーレッグ・クローバー、変形みちのくドライバーのハード・ノックス、打撃技のドロップキック、ダイビングレッグドロップなど多くの技を持ちキャリアの長さを感じさせます。

活躍の舞台をアイルランドからWWEに移してからも女性プロレスラーとして圧倒的知名度と人気を誇るベッキー・リンチの試合はプロレス好きなら必ず見たいはず…そう考えてリンチの簡単な経歴をまとめました!!

プロレス一家育ちの女王様!シャーロット・フレアー!

ベッキー・リンチについて

f:id:TBT:20190713230538j:image

リンチの経歴

リンチは1987年生まれの32歳。本名はレベッカ・ノックス赤毛の髪が特徴的なアイルランド人です。

出身地はアイルランド共和国のダブリン。この地区はかなり格闘技が盛んでUFCライト級王者としてスター選手だったコナー・マクレガーアイルランド人ですよね!

リンチはかなり早い時期からプロレスラーを志していたそうでなんと10代の頃からデビッド・プリンスことフィン・ベイラーが開いたジムに入門。2002年16歳の時にデビューしています。

ちなみにベイラーは新日本プロレスでバレット・クラブを立ち上げた有名な外国人レスラーで現在はWWEでクー・デ・グラなどの飛び技で多くの相手を沈めてますよね!

サーシャ・バンクスの試合をテレビで見る方法は?これまでの経歴も紹介!

インディー団体時代

f:id:TBT:20190713230716j:image

2002年にデビューしたリンチはキャリア初期の段階ではアイルランドを中心に活動。エデン・ブラックと対戦して敗れております。

2006年にはシマー・ウィメン・アスリーツに参戦。これはアメリカの団体で女子プロレスの団体。ROHの姉妹団体でありROHの選手も多く参戦している女子レスラーの登竜門的な存在です。デビュー戦ではオクラホマ・ロールで有名なアリソン・デインジャーを下しております。

2006年には来日しており8月に多くの試合を行なっており日本のファンの前でも試合をした経験があったわけですな。

コフィ・キングストンの試合を日本からテレビで見る方法は?これまでの経歴も紹介!

NXT時代

f:id:TBT:20190713230742j:image

リンチはシマーでの活躍が認められて2013年WWEと育成契約を結ぶことになります。そのためまずは傘下のNXTで経験を積むことになりますな。

2014年にはNXTデビューを果たしておりサマー・レイと対戦。この時にレイがのちにリンチと何度も対戦を繰り広げることになるシャーロット・フレアーと仲間割れしておりこの隙をついて勝利しております。

女子格闘家のリーダー…ロンダ・ラウジー!!

WWE参戦

f:id:TBT:20190713230848j:image

2015年にリンチはサーシャ・バンクスとシャーロット・フレアーと共にWWEに昇格。シャーロットとペイジとPCBなるユニットを結成してチーム・ベラと抗争を開始します。

2016年には新設されたスマックダウン女子王座決定戦に挑んでカーメラと対戦。ディスアーマーを決めてタップ勝ちを収めて初代女王となっております。

2018年にはスマックダウン王座を保持しているシャーロット・フレアーと対戦。シャーロットのスピアーを切り替えしての丸め込みで3カウント!王座を獲得します!

さらに11月のサバイバーシリーズではRAW王者のロンダ・ラウジーと対戦。しかし直前のRAWに他の選手たちと乱入するとリンチは大流血してしまいこの対戦は無くなりましたな。

2019年はロイヤル・ランブルにてアスカとスマックダウン女子王座を争いますが変形型のアスカロックの前に敗退。

その後のロイヤル・ランブルでは28番目のラナが足首の負傷でリングに上がらなくなるとまさかの参戦。シャーロットと生き残って最後はクローズラインでシャーロットを落として優勝しております。

そしてレッスルマニアにてラウジーの持つRAW王座に挑戦するはずでしたがロイヤル・ランブルで負ったとされる怪我の診断を実は受けておらず無期限停止処分が下されます。さらに執行役員トリプルHにビンタをかましCEOビンス・マクマホンにも謝罪拒否。60日間の出場停止となりましたな。

そして3月のファストレーンでシャーロットとの対戦が決定。この試合はRAW王座決定戦となります。そんな中ラウジーが乱入してリンチに暴行…そのためレッスルマニアはこの3人による決定戦となります。

そしてシャーロットがスマックダウン王座を獲得したことで3人の試合はスマックダウンとRAWの王座がかけられた試合に。その後3人はタッグを組んでライオッド・スクワットと対戦して勝利。しかしその後仲間割れして警察沙汰にまで発展

その後のレッスルマニアではシャーロットをロンダと共にテーブル葬で葬るとラウジーのファイヤーマンズ・キャリーを切り返して丸め込みによる勝利!両王座を獲得していますな!

ブラウン・ストローマンの試合を日本からテレビで見る方法は?これまでの経歴も紹介!

リンチのファイトスタイル

f:id:TBT:20190713230914j:image

リンチのファイトスタイルはめちゃくちゃ荒々しい感じ女性とは思えないほど気性の激しさを持つことから異名はTHE MANですよね笑笑。

また、10代の頃からキャリアを進めていることもあってか絞め技から打撃技、投げ技までかなり高いレベルで放つことが可能なオールラウンダーでもあります。

決め技としてはディスアーマー。いわゆる羽折脇固めでありうつ伏せで倒れている相手の横に腰を下ろして両腕で極める強烈な絞め技でタップを狙うものですな。

他にもTボーン・スープレックスのベックス・プロイダー、裏足4の字固めのフォーレッグ・クローバー、変形みちのくドライバーのハード・ノックス、打撃技のドロップキック、ダイビングレッグドロップなど多くの技を持ちキャリアの長さを感じさせます。

さらには意外と得意なのが切り返しによる丸め込み。ラウジーにも決めてますしシャーロットのスピアーにも決めるなど高いテクニックを持っております。

WWEにて舞うフットスタンプ!プリンス・デビッド!

まとめとリンチの今後
 f:id:TBT:20190713230940j:image

いかがでしたでしょうか。女性プロレスラーとして圧倒的な人気と知名度を誇るWWEのリングで活躍するベッキーリンチ。アイルランドアメリカだけではなく世界中で認められる彼女の人気は極めて高く、WWEに属するトップレスラーとして大絶賛活躍中です。

最近でもアスカやラウジー、シャーロットらと物凄い抗争を繰り広げているリンチはその中でも特に激しい気性を持つ女子プロレスの人気を高めているWWEの看板スター。PPV大会でも常連として試合をこなしています。

そんな彼女の試合をテレビの大画面で見るにはスカパーのJ SPORTSとの契約が必要ですが、彼女の試合にはその料金以上の価値がある女子とは思えない豪快な試合が多くめちゃくちゃ盛り上がりますよね!!

これから先はかの日本人女子トップのアスカとの共闘が期待されており大きな注目を集めております。これを機に彼女の試合と他のスポーツも合わせて見てみてはいかがでしょうか。

日本からWWEの試合をテレビで見る方法は?注目選手も紹介!

おすすめの記事