2012年よりWWEに参戦しているラッパーのスヌープ・ドッグの従妹であるサーシャ・バンクス。多くの男性を虜にする美貌の持ち主で男性ファンがとても多く、WWEにてアスカやシャーロット・フレアー、ベッキー・リンチ、ナタリア、ロンダ・ラウジーらとトップで試合を続けていますね!

ソース画像を表示

現在は超有名女子レスラーとしてアスカ、ラウジー、リンチと王座戦戦に絡み続けておりこの間までベイリーとのタッグでWWE女子タッグ王座を保持していましたよね。8月にはナタリアを襲撃して乱入してきたベッキー・リンチもKOしてヒールターンしています。

2016年にはRAW王座を保持していたシャーロット・フレアーとの熾烈な抗争を繰り広げてテーブルや実況席を破壊するなどのすさまじい試合を繰り広げた末にギブアップさせるという最早女子の試合とは思えないような試合を見せてくれております。

決め技としてはネックブリーカー・ドロップであるバンクラプト。相手の首に自らの片腕を巻き付け、そのまま自らの体を背中からマットへ倒し、その勢いを利用して相手の体を背面からマットへ押し倒す技です。

もう一つのフィニッシャーはパンクステートメント。いわゆるバックブリーカーでバックスタバーを仕掛けた後、クロスフェイスを極める技。この技で2016年にシャーロット・フレアーを仕留めてギブアップさせています。

他にも高い身体能力が求められるトペ・スイシーダ、キャメルクラッチ、うつ伏せ状態の相手の片腕を足でロックしてからグラウンド式フェイスロックを極めるクリップラー・クロスフェイス、屈伸式ボディプレスであるフロッグ・スプラッシュなどを得意としています。

更にコーナーでダウンしている相手に向かって対角線から突進し、両ヒザを折り曲げて相手の頭部に叩き付けるヒール色の高い打撃技であるランニング・ダブルニーなど女子の中でも激し目な技を使ってきます。

活躍の舞台をWWEに移してからも女性プロレスラーとして圧倒的知名度と人気、美貌に加えて圧倒的な悪さを誇るサーシャ・バンクスの試合はプロレス好きなら必ず見たいはず…そう考えてバンクスの簡単な経歴をまとめました!!

(スカパーのお申し込みはこちらから)

ベッキー・リンチの試合をテレビで見る方法は?これまでの経歴も紹介!

バンクスの経歴

ソース画像を表示 バンクスは1992年生まれの26歳。アメリカのカリフォルニア州フェアフィールド出身ですがギミックの関係でマサチューセッツ州のボストン出身のキャラで通しています。本名はメルセデス・ケストナー・バーナードですね!

バンクスがとても有名なのはラッパーである叔父のスヌープ・ドッグの姪っ子であること。スヌープ・ドッグは世界的なスターでヨーロッパツアーで飛行機の搭乗前に乱闘騒ぎを起こすなどラッパー然としているスターです。

話はそれますがドクター・ドレとのタッグがとても有名なスヌープ・ドッグはNext EpisodeやStill DRE、ウィズ。カリファやブルーの・マーズとコラボしたYoung Wild & Freeがとても有名な超人気ラッパーですね。

バンクスのニックネームはザ・ボス。その強さから来るもので女性とは思えない迫力を誇りながらも華奢な体、美しい美貌からの悪さと強烈な絞め技で相手を圧倒するなどWWEの中心に要る存在ですね!!

WWEでも大人気なマルチプレイヤー!アスカ!!

(スカパーのお申し込みはこちらから)

キャリア初期

ソース画像を表示

バンクスは2010年にマサチューセッツ州を拠点とする団体であるCWにてトレーニングを開始。メルセデスKVのリングネームでデビューしています。デビュー後は主にアメリカ北東部の団体に参戦して実績を積んでニッキー・ロックスの付き人をしていたそうです。

2011年にはCWにてCW女子王座を保持するアレクシスにアイクイットマッチで挑戦して勝利。これによりキャリア初のタイトルを獲得しています。2012年のレッスルジャムでもバービーを下して若いころから実績を上げています。

シャーロット・フレアーの試合をテレビで見る方法は?これまでの経歴も解説!!

NXT時代

ソース画像を表示

2012年8月にバンクスはWWEとデベロップメント契約を結んで入団。傘下のNXTにてサーシャ・バンクスのリングネームでデビューします。2013年にはキャメロン & ナオミと組んでアクサナ & アリシア・フォックス & オードリー・マリーと6人制タッグマッチで対戦して勝利。

主にベビーフェイスとして活躍してましたがNXT女子王座争奪トーナメント1回戦でサマー・レイと対戦して敗戦した事がきっかけとなり、9月よりヒールへと転向。。。派手なジャケット、ピンホールを着用して自らをザ・ボスと呼ぶようになり、サマー・レイとBFFsを結成してペイジやベイリーと抗争を開始します。

そして2014年には後に激戦を展開するシャーロット・フレアーを加えてトリオとして大活躍。しかしシャーロット・フレアーがNXT王座を保持するとほどなくしてレイとシャーロットが衝突してユニットは解散となります。

ベッキー・リンチと組んでシャーロット & ベイリーと抗争を開始しましたが我の強い4人はすぐに喧嘩してしまい4人それぞれの抗争に・・・12月にはシャーロットに挑戦してお互いに一歩も譲らない試合を見せましたが終盤に攻め込まれてしまい、最後にはトップロープからナチュラル・セレクションを決められ敗戦。。。リベンジマッチでもブリッジング・フィギュア・フォー・レッグロックを決められ敗戦していますね。。。

2015年からはベッキーと組んでベッキーとのタッグネームをチームBAEとして活動開始。NXT女子王者であるシャーロット、ベイリー、ベッキーとFatal4Wayマッチによる王座戦を行い大乱戦となったものの最後にはリング上でシャーロットと2人になり、クリップラー・クロスフェイスを仕掛け勝利し、ベルトを奪取。リベンジに成功します!リベンジマッチでもパンクステートメントでえぐい角度まで背中をまげてそこから丸めこんで勝利しましたね!

飯伏幸太の試合をテレビで生中継で見る方法は?これまでの経歴も紹介!

(スカパーのお申し込みはこちらから)

WWE

ソース画像を表示

2015年の7月にはシャーロット、ベッキーと共にWWEに昇格。RAWにてリング上でマイクパフォーマンスをしていたチーム・ベラ に対してステファニー・マクマホンよりディーヴァ戦線に革命を起こす事を宣言され、呼び出される形で登場して大歓声を浴びます。シャーロットとベッキーはペイジとPCB、そして自身はナオミとタミーナ・スヌーカとチーム・ビューティフル・アンド・デンジャラスなるユニットをそれぞれ結成し抗争を開始します。

8月にはブルックリンでベイリーとNXT女子王座戦を行います。試合開始と同時に激しい技の応酬となり、終盤には得意技であるバンク・ステイトメントを決めたもののまさかの切り返し。。。ポスト上から雪崩式リバースフランケンシュタイナーを喰らい、最後にはフィニッシャーであるベリー・トゥ・ベイリーを決められ敗戦。ベルトを奪取されちゃいましたな。

10月のTake Overではベイリーとリベンジマッチを行いアイアンマンマッチで対戦。1本目はサミングで丸め込み、2本目はベリー・トゥ・ベイリーを決められて取られます。本目はベイリーを場外へ投げ出してと鉄柵やリングにぶつけ、最後にはタイタントロンに叩きつけて10カウントを奪うなどやりたい放題。4本目は満身創痍となった状態のベイリーを一方的に攻めてボストンクラブを極められようとしたところを切り返されると丸め込まれ奪われ5本目、息を吹き返したベイリーと互いに大技の応酬となり終盤にバンク・ステートメントを仕掛けるが切り返しされると変形アームバーを極められ、残り4秒でギブアップを取られ敗戦。しかしこの試合の後に大きな歓声を受けて号泣。NXTを卒業します。

2016年にはRAWにてWWE王座を保持するシャーロット・フレアーに挑戦して勝利して王座を獲得。10月にもRAW王座を持つシャーロット・フレアーに挑戦してバンク・ステートメントを決めてギブアップを奪い勝利。2冠を達成します。

そして遺恨の深まる2人は11月にRAWにてWWEロウ女子王座を保持するシャーロットにノーDQ、ノーカウントアウト、フォールズカウントエニウェアマッチで挑戦。中盤より場外での攻防になると竹刀による攻撃や実況席の破壊など熾烈を極めた女子の試合とは思えないほどの展開へと発展。。。終盤には観客席に乗り込んでグーパンで殴打し合い、シャーロットの上半身を手すりの間に通すとバンク・ステートメントで極め、ギブアップを奪いベルトを奪取!!遺恨に決着をつけました!

2017年にはRAW王座を持つアレクサ・ブリスに挑戦。中盤にパワーで場外で振り落とされた際に肩を痛めたものの終盤にバンク・ステートメントを執拗に何度も仕掛け最後はクロスフェースでギブアップを奪い勝利!!ベルトを奪取しています。

2019年にはベイリーと組んで初代WWE女子タッグ王座争奪エリミネーション・チェンバー・マッチに出場。ソーニャ・デビルにバンク・ステートメントで極めてタップを奪い勝利し、見事に初代WWE女子タッグ王座を戴冠しています!!しかし4月の防衛戦で4Wayマッチにて陥落。そこから休養を取り姿を消します。。。

そして8月にサマースラムでの名誉の敗戦をマイクパフォーマンスしていたナタリアを襲撃!!彼女の脱臼している左肩を徹底攻撃しここでまさかのヒールターン。さらに救出に現れたベッキー・リンチも撃破して女子戦線をかき回しています!!

ロンダ・ラウジーの試合をテレビで見る方法は?これまでの経歴も解説!

(スカパーのお申し込みはこちらから)

バンクスのファイトスタイル

ソース画像を表示

バンクスのファイトスタイルはいわゆる関節技を得意とするサブミッション型。キャリアが若い割には危険な角度で曲げるパンクステートメントなど豊富な技を持っています。パンクステートメントで試合を決めてしまうことが多いですがそのしつこさと迫力はえげつないですね。。。

決め技としてはネックブリーカー・ドロップであるバンクラプト。相手の首に自らの片腕を巻き付け、そのまま自らの体を背中からマットへ倒し、その勢いを利用して相手の体を背面からマットへ押し倒す技です。

もう一つのフィニッシャーはパンクステートメント。いわゆるバックブリーカーでバックスタバーを仕掛けた後、クロスフェイスを極める技。この技で2016年にシャーロット・フレアーを仕留めてギブアップさせています。

他にも高い身体能力が求められるトペ・スイシーダ、キャメルクラッチ、うつ伏せ状態の相手の片腕を足でロックしてからグラウンド式フェイスロックを極めるクリップラー・クロスフェイス、屈伸式ボディプレスであるフロッグ・スプラッシュなどを得意としています。

更にコーナーでダウンしている相手に向かって対角線から突進し、両ヒザを折り曲げて相手の頭部に叩き付けるヒール色の高い打撃技であるランニング・ダブルニーなど女子の中でも激し目な技を使ってきます。

AJスタイルズの試合を日本で見る方法は?これまでの経歴も紹介!

(スカパーのお申し込みはこちらから)

バンクスの試合の見所とまとめ

ソース画像を表示

いかがでしたでしょうか。女性プロレスラーとして圧倒的な人気と知名度を誇るWWEのリングで活躍するクイーンのサーシャ・バンクス。アメリカだけではなく世界中で認められる彼女の人気は極めて高く、WWEに属するトップレスラーとして大絶賛活躍中です。

最近でもアスカやラウジーベッキーらと物凄い抗争を繰り広げているシャーロットは女子プロレスの人気を高めているWWEの看板スター。PPV大会でも常連として試合をこなしています。しかも今はヒールとして活躍してるのでやられ技にも磨きがかかってますね笑。

ちなみにそんな彼女の試合をテレビの大画面で見るにはスカパーのJ SPORTSとの契約が必要ですが、彼女の試合にはその料金以上の価値がある女子とは思えない豪快な試合が多くめちゃくちゃ盛り上がりますよね!!

これから先はかの日本人女子トップのアスカとの共闘が期待されており大きな注目を集めております。これを機に彼女の試合と他のスポーツも合わせて見てみてはいかがでしょうか。

(スカパーのお申し込みはこちらから)

日本からWWEの試合をテレビで見る方法は?注目選手も紹介!

おすすめの記事