2008年よりWWEに復帰してその巨漢から繰り出される圧倒的なパワーで相手をノックアウトしまくっているビッグ・ショー。世界で最も有名なプロレスラーの一人ですね!

ソース画像を表示

これまでWWE世界ヘビー級王座を二度も獲得しており、US王座、インターコンチネンタル王座も獲得している超強豪です。WWEのタッグ王座も獲得していますのでグランドスラム達成者としても有名ですね!!

ちなみにその有り余るパワーでこれまで数回リングを破壊。。。身長213センチもあるのに動きが機敏で身体能力もとても高いことで知られておりますね!!ちなみに俳優としても活躍しております。

個人としてのフィニッシュホールドはチョークスラム。対戦相手の首(喉元)を片手で正面からつかみ(相撲の喉輪の状態)、もう片方の腕を添えてそのまま相手を上方へ持ち上げ、背面からマットや地面に落とす技でショーのパワーがいかんなく発揮された技になります。

さらに最近フィニッシュに用いているのはノックアウトパンチであるWMD。顔面に強烈な右フックをたたきつけるめちゃくちゃわかりやすい技で相手のことを一撃で倒して相手はそのまま失神してることが多いですね。

さらに持ち前のパワーを生かしたチョップ・スマッシュも得意としており相手の胸元に打ち下ろし、めちゃくちゃいい音が鳴ることで有名ですね!!さらに再度キックで放つビッグブート、パワーボムの態勢から後ろに倒れこんで放つアリウープなども得意としています。

さらにキャメルクラッチと同型の技であるコロッサルクラッチ、コブラクラッチをした状態から相手を振り回しつつ背中に膝を入れる変形バックブリーカーであるコブラクラッチ・バックブリーカー、リバースDDTの体勢で相手の喉にエルボーを落とすファイナルカットも使いますね!!

最も有名なレスラーの一人として高い人気を誇るビッグ・ショー。日本でも高い人気を誇る彼の試合をテレビで見る方法とこれまでの来歴をまとめてみました!

日本からWWEの試合をテレビで見る方法は?注目選手も紹介!

ビッグ・ショーの試合をテレビで見る方法

  日本からテレビでビッグ・ショーの試合を見るにはJ SPORTS!!

ソース画像を表示

結論から言うと、ビッグ・ショーの試合は地上波は生中継は致しません。

彼の試合をテレビで見るにはスカパーと契約する必要があります!!

スカパーと契約するとJ SPORTSを見られるようになり、ビッグ・ショーの試合放送はJ SPORTSでやってるんですね!
(スカパーのお申し込みはこちらから)

J SPORTSの月会費は?

ソース画像を表示

J SPORTSの月会費は月額2676円です。
また、加入した月は無料で、翌月から視聴料が発生します。
たとえば、4/18に加入したとすると、4/18~4/30までは料金無料で見放題、5/1~通常料金の2676円となるわけです。

J SPORTSではイギリスプレミアリーグや、WWEのロウ、NBA、野球などほとんど全てのスポーツ中継を網羅しているのでスポーツ好きなら契約して損はないと思います!

J SPORTSを見るための環境にいるものは?

ソース画像を表示

J SPORTSを見るにはスカパーと契約した上で以下の機器が必要です。

1:BSデジタルチューナー内蔵テレビ、もしくはBSデジタルチューナー内蔵レコーダーなど(要B-CASカード)
2:BSアンテナ、もしくはケーブルテレビ

既に現在、BS放送が見られる・J:COMなどのケーブルテレビ局でテレビを見ている・スカパー!を契約しているなどの場合は、ネットで申し込むだけでJ SPORTSが見られる状態です。
ネットで申し込みをしてから約15分程度でJ SPORTSが視聴可能となります。
(スカパーのお申し込みはこちらから)

R・トゥルースの試合をテレビで見る方法は?これまでの経歴も紹介!

ビッグ・ショーについて

ソース画像を表示

ビッグ・ショーの経歴

ビッグ・ショーは1972年生まれ。アメリカのサウスカロライナ州出身。身長213センチを誇り、ウェイトは200キロ近くもあるスーパーヘビー級と言えますね!!

その巨体の割に身体能力も高いショーは大学まではバスケットボールの選手として活躍。ハルク・ホーガンにスカウトされてレスラーとしてのキャリアを積むべく7か月間トレーニングしたそうですね。

1995年にデビューしているショーはデビュー戦でいきなりホーガンの持つWCWの王座を獲得する鮮烈なデビューを飾ります。リック・フレアーのレジェンドにも勝利しており本隊の主戦力として活躍します。

スイス発のマネーレスラー!セザーロ!

WWF時代

ソース画像を表示

1999年にはWWFに移籍リングの下からリングを突き破って登場する衝撃のデビューを果たしておりますね(笑)。

10月にはレジェンドのザ・ロックに勝利してWWF王座を獲得。しかしウェイトオーバーでロースターを外されるなどその巨体が問題にもなり始めます。

2002年にはスマックダウンにてブロック・レスナーを下してWWE王座を獲得。2005年にはケインと組んでRAWのタッグ王座も獲得しております。

しかしその後ケインと仲間割れして抗争するとECWとの抗争に入ってまさかのECWへの寝返りを敢行。ECW王座の獲得にも成功しますが6人の凶器タッグマッチで敗れて陥落。背中を痛めていたそうですね。

ジンダー・マハルの試合を日本からテレビで見る方法は?これまでの経歴も紹介!

(スカパーのお申し込みはこちらから)

WWE復帰

ソース画像を表示

2008年にショーは古巣となるWWEに復帰。ボクシング世界チャンピオンのフロイド・メイウェザーと対戦したもののメリケンサックで殴られてノックアウトされちゃいましたな。

2009年にはコフィ・キングストンに標的を絞って抗争を開始し、クリス。ジェリコに勝利。しかし対立関係にあるはずのジェリコにPPV大会で味方してコフィ・キングストンやトリプルHKOしちゃいましたな。

2010年にはスマックダウンに移籍してこの頃からベビーターン。CMパンクのマスクをはぎ取って抗争を開始しますが圧勝で幕を閉じます。

2011年にはRAWから移籍してきたコアとの抗争を開始。タッグ王座を獲得しています。そしてアルベルト・デル・リオの専属リングアナであるリカルド・ロドリゲスからひき逃げされ抗争を開始します。

しかしマーク・ヘンリーに邪魔されて敗退。ヘンリーをチェアーマッチで倒して9年振りのヘビー級王座を獲得します。しかしマネー・イン・ザ・バンクで勝っていたダニエル・ブライアンが襲撃してきて僅か45秒で王座陥落。。。

その後はコーディ・ローデスにショーは大舞台に弱いと言われて抗争開始。インターコンチネンタル王座を獲得するもののパートナーのシナを裏切ってまさかのヒールターン。シェイマスからタイトルを奪取しています。

エグゼビア・ウッズの試合をテレビで見る方法は?これまでの経歴も紹介!

近年の活躍

ソース画像を表示

2013年にはデル・リオとラストマン・スタンディングで対戦するものの敗退。その後もヒールとして多くの試合でインパクトを残します。

その後はベビーターンしてましたが、トリプルHのブライアンに対する悪行を非難したことで立場を危うくし、『家族を養うために』言いなりとなり、トリプルHやステファニー・マクマホンに敵対するものを攻撃するようになります。

2014年にはロイヤルランブル内でレスナーに挑戦。試合開始直前に椅子で何度も叩かれた挙句に破れ、試合終了後も滅多打ちにされ、数か月間休養となります。

その後はシナと共闘していたものの裏切ってオーソリティに加入。翌日のRAWで自身の行いを謝罪するも、途中から癇癪を起こしてヒールターンし、2015年のロイヤルランブルでは優勝を成し遂げていますね!!

シェルトン・ベンジャミンの試合をテレビで見る方法は?これまでの経歴も紹介!

(スカパーのお申し込みはこちらから)

ショーのファイトスタイル

ソース画像を表示

ショーのファイトスタイルはその圧倒的なパワーを生かしたファイトで、投げ技を中心としたプロレスらしいプロレスをするタイプのプロレスラーですね!!

個人としてのフィニッシュホールドはチョークスラム。対戦相手の首(喉元)を片手で正面からつかみ(相撲の喉輪の状態)、もう片方の腕を添えてそのまま相手を上方へ持ち上げ、背面からマットや地面に落とす技でショーのパワーがいかんなく発揮された技になります。

さらに最近フィニッシュに用いているのはノックアウトパンチであるWMD。顔面に強烈な右フックをたたきつけるめちゃくちゃわかりやすい技で相手のことを一撃で倒して相手はそのまま失神してることが多いですね。

さらに持ち前のパワーを生かしたチョップ・スマッシュも得意としており相手の胸元に打ち下ろし、めちゃくちゃいい音が鳴ることで有名ですね!!さらに再度キックで放つビッグブート、パワーボムの態勢から後ろに倒れこんで放つアリウープなども得意としています。

さらにキャメルクラッチと同型の技であるコロッサルクラッチ、コブラクラッチをした状態から相手を振り回しつつ背中に膝を入れる変形バックブリーカーであるコブラクラッチ・バックブリーカー、リバースDDTの体勢で相手の喉にエルボーを落とすファイナルカットも使いますね!!

(スカパーのお申し込みはこちらから)

ニュー・デイのパワー男!ビッグ・E

ショーの試合の見所とまとめ

ソース画像を表示

いかがでしたでしょうか。WWEのリングでそのパワーを生かしたスーパーファイトで観客を魅了しているビッグ・ショー。世界を代表するプロレスラー高い存在感を放っていますね!!

WWEにはプリンス・デビッド、AJスタイルズの活躍やかつて新日本で活躍してきた中邑真輔やKUSHIDAのWWE参戦も発表されましたし、新日本出身のレスラーとの激突が日本のファンから大きな期待を受けているのは間違いありません。

そんな彼の現在の試合をテレビの大画面で見るにはスカパーのJ SPORTSとの契約が必要ですが、彼の試合にはその料金以上の価値があるエキサイティングなものが多いですよね!

これを機に彼の試合と他のスポーツも合わせて見てみてはいかがでしょうか。
(スカパーのお申し込みはこちらから)

プリンス・デビッド(フィン・ベイラー)の試合をテレビで見る方法は??これまでの経歴も紹介!!

おすすめの記事