2006年よりWWEに復帰してその圧倒的なマイクパフォーマンスの高さと優れたスキルでヒールとして活躍しているミズ。世界で最も有名なヒールプロレスラーの一人ですね!

ソース画像を表示

これまでWWE世界ヘビー級王座を獲得しており、US王座、インターコンチネンタル王座も獲得している超強豪です。WWEのタッグ王座も獲得していますのでグランドスラム達成者としても有名ですね!!

ビッグ・ショーやジョン・モリナとのタッグをよく組んでいた経緯があり何度も裏切っています。そして彼のヒールとしての役割から多くのファンがついており、彼のファンをミズ・フィッツと呼びますね!

個人としてのフィニッシュホールドはスカル・クラッシング・フィナーレ。相手をフルネルソンで捕らえ、相手の足を刈りながら前方へ倒れこむ変型ストローク。思いっきりたたきつける打撃技ですね!

さらにリック・フレアーから直伝の関節技であるフィギュアフォー・レッグロックも得意としており、スウィンギング・ネックブリーカーのリアリティ・チェックも得意としています。

さらにコーナーにもたれかかっている相手に飛びながら、ロープ中段に腰掛けるようにクローズラインを行うフライング・クローズライン。リバースDDTの体勢から、自分の立てた膝に相手の背中をバックブリーカー状に打ちつけてネックブリーカーに繋ぐバックブリーカー&ネックブリーカー、コーナーにもたれかかっている相手に走って勢いをつけて放つ串刺し式 ラーニング・ドロップキックを使用しますね!

最も有名なレスラーの一人として高い人気を誇るミズ。日本でも高い人気を誇る彼のこれまでの来歴をまとめてみました!

日本からWWEの試合をテレビで見る方法は?注目選手も紹介!

ミズについて

ソース画像を表示

ミズの経歴

ミズは1980年生まれ。アメリカのオハイオ州出身。身長188センチ、ウェイトは108キロ近くもあるれっきとしたヘビー級と言えますね!!

ミズは元タレントとしてテレビ出演していた経緯があり、腕相撲コンテストで優勝。幼いころからのWWEファンであったミズはダニエル・ピューダーとのボクシングマッチで認められてWWEと契約しています。

ミズはバックボーンとしてアメリカンフットボール、空手、レスリングをしておりスポーツ万能であることがうかがえますね!

スイス発のマネーレスラー!セザーロ!

WWE時代初期

ソース画像を表示

2006年にWWEに所属することになったミズはスマックダウンの所属となり、しばらくはディーヴァのビキニコンテストの司会などの3枚目キャラとして活躍。ブギーマンと抗争しますがミミズを顔にかけられるなど散々な目に合います。

2007年にはECWにドラフトで移籍が決定。CM・パンクとのECWタイトルマッチが決まります。ここでは敗れたもののジョン・モリソンとタッグを組んでMVP&マット・ハーディーの持つWWEタッグ王座を獲得。リマッチでも勝利しています。

2008年からモリソンとミズは他のファイターをけなしまくるダート・シートのコーナーを開始して優れたマイクパフォーマンスで大きな人気を得ます。この年のWWE企画賞を獲得してCMパンク。コフィ・キングストン組からタイトルの再奪取もしておりますね。

2009年にはRAWへの移籍が決まってモリソンとのタッグは決裂。その後はジョン・シナの主演映画がこけたことをからかってボコボコにされちゃいます(笑)。そしてサマースラムではシナとリマッチするものの敗れてRAW追放。しかし翌日に覆面をつけて復活しカルガリー・キッドとして出場。コフィ・キングストンを破ってUS王座を獲得します。

2010年にはビッグ・ショーと組んでWWEタッグ王座をまた獲得。US王座は決定戦でR・トゥルースと争いますが敗退してしまいます。この頃からトレーナーにもなったミズはアレックス・ライリーを指導して自分が試合したくない相手にはライリーを当てたりしてましたな。

さらにこの年はマネー・イン・ザ・バンクで優勝。試合後で弱っているランディ・オートンを襲撃してWWE王座を獲得します。

ジンダー・マハルの試合を日本からテレビで見る方法は?これまでの経歴も紹介!

(スカパーのお申し込みはこちらから)

WWEでのヒールとして

ソース画像を表示

2011年にはロイヤルランブルに突然乱入してシナを蹴落とす乱行。ゲストとして復帰してきたザ・ロックとも抗争を繰り広げます。

その後はロックの介入もあり、防衛に成功したもののピーポーズ・エルボーを食らって敗退。シナに負けたことをライリーに押し付けて抗争を開始。R・トゥルースとタッグを組んでは裏切って抗争するなどヒールとしての活躍が目立ちます。

2012年には映画の出演などもありマネー・イン・ザ・バンクで復帰。クリス・チャンのインターコンチネンタル王座に挑んで獲得します。そしてその後はCMパンクとけんかしてミック・フォーリー軍に加入し、ベビーターンを果たします。

2013年にはリック・フレアーから足裏4時固めを伝授されてフィニッシャーに使い始めます。コフィ・キングストンと共闘するなどしていましたがすぐに裏切るなどつかみどころのなさを見せます。

2014年には映画の宣伝に来たアーノルド・シュワルツェネッガーのトークに割り込んで怒られてしまうアホっぷり。。。この年はインターコンチネンタル王座の獲得に成功しています。

2016年にはザック・ライダーと対戦して妻とお父さんが喧嘩しているスキをついて王座奪取。インターコンチネンタル王座をまたも獲得します。

エグゼビア・ウッズの試合をテレビで見る方法は?これまでの経歴も紹介!

近年の活躍

ソース画像を表示

2017年にはWWE IC王座を保持するディーン・アンブローズに挑戦。アンブローズをハンマースルーでレフェリーにぶつけると今度はアンブローズとレフェリーが口論となり、その隙をついてスカル・クラッシング・フィナーレを決めて勝利しています。

2018年には自らの取り巻きであるザ・ミズトラージを引き連れてインターコンチネンタル王座を持つロマン・レインズに挑戦。ミズトラージが反則裁定により退場を宣告され劣勢に陥る。しかし、最後にレインズのスピアーを避けるとスカル・クラッシング・フィナーレを決めて勝利しています。

2019年にはシェイン・マクマホンとタッグを組んでWWEスマックダウン・タッグ王者チームのザ・バーにに挑戦。シェインがセザーロにシューティングスタープレスを決めて勝利し王座を戴冠しております。

シェルトン・ベンジャミンの試合をテレビで見る方法は?これまでの経歴も紹介!

(スカパーのお申し込みはこちらから)

ミズのファイトスタイル

ソース画像を表示

ミズのファイトスタイルはその優れたスキルを生かしたファイトで、絞め技を中心としたプロレスらしいプロレスをするタイプのプロレスラーですね!!

個人としてのフィニッシュホールドはスカル・クラッシング・フィナーレ。相手をフルネルソンで捕らえ、相手の足を刈りながら前方へ倒れこむ変型ストローク。思いっきりたたきつける打撃技ですね!

さらにリック・フレアーから直伝の関節技であるフィギュアフォー・レッグロックも得意としており、スウィンギング・ネックブリーカーのリアリティ・チェックも得意としています。

さらにコーナーにもたれかかっている相手に飛びながら、ロープ中段に腰掛けるようにクローズラインを行うフライング・クローズライン。リバースDDTの体勢から、自分の立てた膝に相手の背中をバックブリーカー状に打ちつけてネックブリーカーに繋ぐバックブリーカー&ネックブリーカー、コーナーにもたれかかっている相手に走って勢いをつけて放つ串刺し式 ラーニング・ドロップキックを使用しますね!

(スカパーのお申し込みはこちらから)

ニュー・デイのパワー男!ビッグ・E

ミズの試合の見所とまとめ

ソース画像を表示

いかがでしたでしょうか。WWEのリングでそのスキルと高いパフォーマンス力を生かしたダーティーファイトで観客を魅了しているミズ。世界を代表するプロレスラー高い存在感を放っていますね!!

WWEにはプリンス・デビッド、AJスタイルズの活躍やかつて新日本で活躍してきた中邑真輔やKUSHIDAのWWE参戦も発表されましたし、新日本出身のレスラーとの激突が日本のファンから大きな期待を受けているのは間違いありません。

そんな彼の現在の試合をテレビの大画面で見るにはスカパーのJ SPORTSとの契約が必要ですが、彼の試合にはその料金以上の価値があるエキサイティングなものが多いですよね!

これを機に彼の試合と他のスポーツも合わせて見てみてはいかがでしょうか。
(スカパーのお申し込みはこちらから)

プリンス・デビッド(フィン・ベイラー)の試合をテレビで見る方法は??これまでの経歴も紹介!!

おすすめの記事