新日本プロレスのリングで内藤哲也の相棒の一人として暴走し始めてヒールとして多くのファンの注目を集める日本を代表するプロレスラー、EVIL。ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの一員として多くの活躍をしています。

ソース画像を表示

内藤哲也とSANADAと共に新日本プロレスのリングをかき回しており、その直前には世界各地で武者修行をしていてトッププレイヤーとして活躍していた若手レスラーですな。

ヒールとしての活躍が主なので内藤哲也の試合に介入するなどのことも多いですが、個人の実力でもG1CLIMAXに出るなど高い実力を誇り、シングルプレイヤーとしての強さを見せています。

現在のフィニッシュホールドはいわゆるSTOであるEVIL。向かい合った相手の右脇に頭を通して右腕で相手の首元を抱え込み、前方へ大きく振り上げた足で相手の右足を刈り取り、前方へ倒れ込みながら相手の後頭部から背中にかけてマットに叩きつけるヒール色の強い技ですね!

他にも変形のスパイン・ボムであるダークネスフォールズ、変型の腕極め式フェイスロックであるバンシーマズル、ローリング式もあるラリアット、相手の片腿を抱え込みながら持ち上げ、垂直に落としていくフィッシャーマン・バスターも得意としています。

さらに投げっぱなしで放つジャーマン・スープレックス、ミスト・クラッシュと同型のタイガー&ドラゴン・スープレックス・ホールド、ランニングエルボー、サソリ固めであるダークネス・スコーピオンなど多彩な技を持ちます。

プロレスが大好きな方もあまりプロレスを知らないけどこれから見たい人もスター性抜群の彼の試合は必ず見たいはず…そう考えて彼の試合中継を見る方法と簡単な経歴をまとめました!

みんなのこけし!本間朋晃!

EVILの試合をテレビで見る方法

日本からテレビでEVILの試合を見るにはサムライTV!!

f:id:TBT:20190628164554j:image
結論から言うと、EVILの試合は地上波は生中継は致しません。

彼の試合をテレビで見るにはスカパーと契約する必要があります!!スカパーと契約するとサムライTVを見られるようになり、EVILの所属する新日本プロレスの試合放送はサムライTVでやってるんですね!

ちなみにサムライTVはスカパーのプランの一つですのでスカパーと契約することになりますね!!

(スカパーのお申し込みはこちらから)

サムライTVの月会費は?

f:id:TBT:20190628164613j:image

サムライTVの月会費は月額1944円です。
また、加入した月は無料で、翌月から視聴料が発生します。
たとえば、4/18に加入したとすると、4/18~4/30までは料金無料で見放題、5/1~通常料金の1944円となるわけです。

サムライTVではDEEPやスターダム、全日本プロレス、プロレスリングノアなどほとんど全てのプロレスの大きな大会を生中継を網羅しておりクラシック中この試合も放送されていますのでプロレス好きなら契約して損はないと思います!

サムライTVを見るための環境にいるものは?

f:id:TBT:20190628164633j:image

サムライTVを見るにはスカパーと契約した上で以下の機器が必要です。

1:BSデジタルチューナー内蔵テレビ、もしくはBSデジタルチューナー内蔵レコーダーなど(要B-CASカード)
2:BSアンテナ、もしくはケーブルテレビ

既に現在、BS放送が見られる・J:COMなどのケーブルテレビ局でテレビを見ている・スカパー!を契約しているなどの場合は、ネットで申し込むだけでサムライTVが見られる状態です。
ネットで申し込みをしてから約15分程度でサムライTVが視聴可能となります。

(スカパーのお申し込みはこちらから)

フェノメノールなクラッシュ男!AJ・スタイルズ!

EVILの戦歴

EVILの経歴

ソース画像を表示

EVILは1987年生まれ。静岡県の三島市の出身で10年間ほど剣道をやっていたそうです。そして高校は専門学校に進学したものの半年で中退。

その後アニマル浜口の道場に弟子入りしてプロレスラーを目指すことになり一度は試験に落ちてしまうものの2009年に合格を果たして2010年に新日本プロレスに入団しています。

ちなみに本名は渡辺高章というそうでEVILとして日本に凱旋帰国するまではこのリングネームで試合をしておりましたな。

日本からWWEの試合をテレビで見る方法は?注目選手も紹介!

プロレスデビューと若手時代

ソース画像を表示

EVILは本名をリングネームとして2011年にデビューしましたが高橋ヒロムに敗退。以降は前座として試合をしてKUSHIDAとのタッグで初勝利。

2012年には先輩レスラーとの試合を数多くこなして場数を踏んでいきます。2013年にはノアに参戦してすべての試合で敗退したものの経験を積みます。

この頃には天山広吉や永田裕二とのタッグを組むことが多く先輩レスラーには負けていたものの小松などの後輩レスラーには勝利していましたな。

常に焦らないトランキーロなプロレスラー・・・内藤哲也!!

(スカパーのお申し込みはこちらから)

海外武者修行

ソース画像を表示

EVILは2013年の10月より海外武者修行に赴くためアメリカに移住。NWAの加盟団体に参戦することになります。

2014年にはROHに参戦してカナダを拠点としているスマッシュにも参戦しています。ROHと新日本プロレスの共同イベントではマイケル・エルガンと対戦して敗れておりますな。

2015年にはGFWに参戦。SANADAと組んでバレットクラブと対戦しますが敗退。ROHチャンピオンのジェイ・リーサルに挑戦しますが金的攻撃を受けて敗れておりますな。

制御不能なSkull End!SANADA!

(スカパーのお申し込みはこちらから)

凱旋帰国と現在

ソース画像を表示

2015年に帰国したEVILはIWGP王座への挑戦者決定戦で棚橋弘至と対戦していた内藤哲也と結託。棚橋にジャーマン・スープレックスをくらわして救援に来た後藤洋央紀も大外刈りで排除。怪奇派レスラーとして内藤と結託します。

そして凱旋試合として後藤洋央紀と対戦。劣勢に追い込まれると内藤が乱入してデスティーノを決めて反則負けに。後藤との因縁が勃発します。

そして内藤と共にワールド・タッグ・リーグに出場すると決勝に進出。GBHと対戦しましたがこけしを食らって敗退しています。

2016年にはニュー・ジャパン・カップに参戦して1回戦で石井智宏と対戦。垂直落下式ブレーンバスターで敗退するものの石井を追い詰めて評価を高めます。

5月には後藤と遂に対戦して椅子攻撃をくらわせて最後はEVILで完勝。G1 CLIMAXにも参戦しましたがこの時は4勝5敗で終わっています。

11月には柴田勝頼の持つNEVER無差別級タイトルに挑戦して勝利し初の王座獲得。リマッチでは敗れたものの大きな戦果を挙げる年になります。

2017年のG1ではオカダカズチカの連勝を6でストップさせており10月にオカダの持つIWGP王座に挑戦。レインメーカーで敗退しています。

さらにこの年のワールド・タッグ・リーグではSANADAと組んで優勝。KESを下してチャンピオンに輝きます。

2018年には後藤の持つNEVER無差別級王座に挑戦してEVILの除霊マッチを敢行。後藤の持つ数珠を奪い合うものの敗退しています。

この年のG1では開幕戦で敗れたもののそこからまさかの4連勝をマーク。その後は鈴木や棚橋に敗れたもののジェイ・ホワイトを沈めて勝ち越しています。

11月にはIWGPインターコンチネンタル王座を持つクリス・ジェリコと対戦してギブアップ負け。ワールド・タッグ・リーグではSANADAと共に史上初の二連覇を達成します。

2019年にはニュー・ジャパン・カップに参戦したもののザック・セイバー・ジュニアの前に関節技を決められてギブアップ負け。

その後は石井智宏との抗争に入ってコメントブースで殴り合いに発展。5月に福岡大会にて垂直落下式ブレーンバスターを食らって敗退します。

そしてこの年のG1では4勝5敗で終わっているものの優勝者の飯伏幸太やパートナーのSANADAを撃破。10月には飯伏の持つ権利証に挑戦しますがカミゴェに敗れています。

狂気のブレード・ランナー!ジェイ・ホワイト!

(スカパーのお申し込みはこちらから)

 EVILのファイトスタイル

ソース画像を表示

EVILのファイトスタイルはプロレスの魅力が詰め込まれたスタイルです。多くの投げ技で見るものを魅了してわかりやすいたたきつけるようなプロレスをしています。

現在のフィニッシュホールドはいわゆるSTOであるEVIL。向かい合った相手の右脇に頭を通して右腕で相手の首元を抱え込み、前方へ大きく振り上げた足で相手の右足を刈り取り、前方へ倒れ込みながら相手の後頭部から背中にかけてマットに叩きつけるヒール色の強い技ですね!

他にも変形のスパイン・ボムであるダークネスフォールズ、変型の腕極め式フェイスロックであるバンシーマズル、ローリング式もあるラリアット、相手の片腿を抱え込みながら持ち上げ、垂直に落としていくフィッシャーマン・バスターも得意としています。

さらに投げっぱなしで放つジャーマン・スープレックス、ミスト・クラッシュと同型のタイガー&ドラゴン・スープレックス・ホールド、ランニングエルボー、サソリ固めであるダークネス・スコーピオンなど多彩な技を持ちます。

(スカパーのお申し込みはこちらから)

世界一性格の悪い男!鈴木みのる!

EVILの試合の見所とまとめ

ソース画像を表示

いかがでしたでしょうか。日本のリングで棚橋弘至、オカダカズチカと渡り合うほどのレスラーとなったEVIL。新日本プロレスでもその異様な風貌はひときわ目立っています!!

オカダカズチカや後藤洋央紀らとのライバル関係もあり今年のG1でも来年年始のレッスルキングダムでも中心選手の一人として新日本プロレスを盛り上げることは間違いありません。

そんな彼の試合をテレビの大画面で見るにはスカパーのサムライTVとの契約が必要ですが、彼の試合にはその料金以上の価値があるエキサイティングなものが多いですよね!

これを機に彼の試合と他のスポーツも合わせて見てみてはいかがでしょうか。

(スカパーのお申し込みはこちらから)

神をも超えたフェニックス!飯伏幸太!

おすすめの記事