2015よりWWEにて活躍しているレスラーのアンドラーデ。そのヘビー級としては小さな見た目から驚異的な身体能力を生かした試合をする人気の高いアクションレスラーです。

ソース画像を表示

アンドラーデは身長180センチとヘビー級のプロレスラーとしてはとても小さな体を持ちます。体重も95キロなので平均的な成人男性とほとんど変わらないような体格なのですが、WWEではヘビー級に準ずるウェイトで試合を続けています。

プロレスラーとしてはWWEのUS王座を獲得しており多くの強豪と試合を重ねています。日本でも新日本プロレスに外的でラ・ソンブラという覆面レスラーとして活躍しましたね。

個人としてのハンマーロックDDT。相手を前屈の状態にして、右手で相手の左腕をハンマーロックで固定、そして右手で相手の頭部を抱え込みDDTを決める強烈な技です。

さらに相手をビック・ブーツのモーションでフェイントをしてから相手が油断したすきに、相手の顔面にローリング・バック・エルボーを打ち込むバック・エルボーや相手をコーナーポストに座らせた状態にさせ、対角線上のコーナーから助走をつけて飛び、両膝を突き出して決めるランニング・ダブルニー、スクールボーイの体勢で相手を捕らえ、そのまま丸め込まずに相手の右腿をクラッチし、強引に持ち上げて背面からマットに叩き付けフォールを奪うスープレックスであるソンブラ・ドライバーも使えますな。

打撃技も正面から相手の胸板に上から下へ片腕を振り下ろすようにチョップを打ち込むチョップ・スマッシュやドロップキック、ビッグブーツなど基本的な技は全て使えますね。

飛び技もコーナートップに直立し、場外にいる相手に向かって放っていく型のムーンサルト・スープレックスやラ・ケブラーダ、トップコーナー上で直立しながら尻餅をつき、トップロープのバウンドを生かしたムーンサルトプレスであるアラビアン・プレス、コーナートップからのリバウンド・ムーンサルトプレスのハリウッド・スタープレスを使いますね。

その驚異的な身体能力で多くの自分よりも大きな相手を倒すスタイルのアンドラーデ。わかりやすいファイトスタイルで日本でも高い人気を誇る彼の試合をテレビで見る方法とこれまでの来歴をまとめてみました!

日本からWWEの試合をテレビで見る方法は?注目選手も紹介!

アンドラーデの試合をテレビで見る方法

  日本からテレビでアンドラーデの試合を見るにはJ SPORTS!!

ソース画像を表示

結論から言うと、アンドラーデの試合は地上波は生中継は致しません。

彼の試合をテレビで見るにはスカパーと契約する必要があります!!

スカパーと契約するとJ SPORTSを見られるようになり、アンドラーデの試合放送はJ SPORTSでやってるんですね!
(スカパーのお申し込みはこちらから)

J SPORTSの月会費は?

ソース画像を表示

J SPORTSの月会費は月額2676円です。
また、加入した月は無料で、翌月から視聴料が発生します。
たとえば、4/18に加入したとすると、4/18~4/30までは料金無料で見放題、5/1~通常料金の2676円となるわけです。

J SPORTSではイギリスプレミアリーグや、WWEのロウ、NBA、野球などほとんど全てのスポーツ中継を網羅しているのでスポーツ好きなら契約して損はないと思います!

J SPORTSを見るための環境にいるものは?

ソース画像を表示

J SPORTSを見るにはスカパーと契約した上で以下の機器が必要です。

1:BSデジタルチューナー内蔵テレビ、もしくはBSデジタルチューナー内蔵レコーダーなど(要B-CASカード)
2:BSアンテナ、もしくはケーブルテレビ

既に現在、BS放送が見られる・J:COMなどのケーブルテレビ局でテレビを見ている・スカパー!を契約しているなどの場合は、ネットで申し込むだけでJ SPORTSが見られる状態です。
ネットで申し込みをしてから約15分程度でJ SPORTSが視聴可能となります。
(スカパーのお申し込みはこちらから)

戸澤陽の試合を日本から見る方法は?これまでの経歴も紹介!

アンドラーデについて

アンドラーデの経歴

ソース画像を表示

アンドラーデは1989年生まれ。本名はマニー・アンドラーデでメキシコのプロレスラー、ドゥランゴ州ゴメスパラシオ出身です。

2003年10月3日、地元であるドゥランゴ州ゴメスパラシオでブリランテ・ジュニア(Brillante Jr.)のリングネームでプロレスラーデビュー。デビュー後、ドゥランゴ州ゴメスパラシオを拠点とするAOL(Lucha libre Arena Olimpico Laguna)を主戦場にして活動してましたな。

2006年2月4日、ドクトル・ワグナー・ジュニアが主宰するPromociones Wagnerに参戦。エル・イホ・デル・ソベラノ & エル・ソベラノ・ジュニアと組んでエル・グリンゴ・ロコ & ミステリオッソ2号 & 岡田和睦と対戦して勝利。8月17日、AOLにてJWAミドル級王座を保持するトニー・ロドリゲスに挑戦するが敗北。同年にはレイ・アステカ(Rey Azteca)、12月にはゲレーロ・アステカ(Guerrero Azteca)としても活動しましたな。

ジンダー・マハルの試合を日本からテレビで見る方法は?これまでの経歴も紹介!

CMLL時代

ソース画像を表示

2007年、CMLLと契約を交わし入団。ラ・ソンブラ(La Sombra)を名乗ります。8月13日、エル・サグラド & ボラドール・ジュニアと組んでダミアン666 & ハロウィン & ミステル・アギラを破り、メキシコナショナルトリオ王座に戴冠。11月27日、大原はじめを破り、NWA世界ウェルター級王座を奪取。
2008年9月2日、1Dayタッグトーナメントであるトルネオ・デ・パレージャスにてブルー・パンテル & マルコ・コルレオーネと組んで出場。優勝を飾ります。10月12日、トーナメントであるエル・トルネオ・コロナにメタリックと出場。同月26日、決勝にてロス・ゲレーロス・デル・アトランティーダ(オリンピコ & ウルティモ・ゲレーロ)と対戦するが引き分け。11月2日、ロス・ゲレーロス・デル・アトランティーダと再戦を行い勝利。優勝を飾ります。

2010年5月21日、ラ・マスカラ & マスカラ・ドラダと組んでラ・フィエブレ・アマリージャ(棚橋弘至 & タイチ & OKUMURA)を破り、CMLL世界トリオ王座に戴冠[13]。6月、新日本プロレスに初参戦を果たす。BEST OF THE SUPER Jrに初出場し、Aブロックにエントリー[14]。3勝4敗、勝ち点6という結果に終わる[15]。7月、無差別級トーナメントであるカンペオン・ウニベルサルに出場。8月13日、決勝にて獣神サンダー・ライガーと対戦。終盤にライガーからマスクを剥がされると手で顔を隠し無防備となったところへスモール・パッケージ・ホールドを決められ敗戦[16]。9月27日、CMLL世界ミドル級王座を保持する獣神サンダー・ライガーに挑戦。最後に初公開となる旋回式ライガーボムを決められ敗戦[17]。10月、新日本プロレスのSUPER J TAG LEAGUEに出場。マスカラ・ドラダと組んでAブロックにエントリー。2勝2敗、勝ち点4という結果に終わる[18]。
2011年1月4日、新日本プロレスのレッスルキングダムVに出場。マスカラ・ドラダと組んでエクトール・ガルサ & 獣神サンダー・ライガーと対戦。終盤にライガーと攻防となり、ケブラドーラからヴァリオスプラッシュと繋げ、最後にトルニージョを決めて勝利[19]。同月22日、日本で行われた新日本プロレス & CMLLの共催のイベントであるFantastica Mania 2011に参戦。CMLL世界ミドル級王座を保持する獣神サンダー・ライガーに挑戦。最後にコーナー最上段からダイビングボディプレスの連発から最後は垂直落下式ブレーンバスターを決められ敗戦[20]。3月13日、NWA世界ウェルター級王座を保持するメフィストに挑戦。最後にドラゴン・ラナを決めて勝利。ベルトを奪取[21]。4月24日、LLA(Lucha Libre Azteca)にてLLAアステカ王座を保持するアトランティス、ボラドール・ジュニアと3wayマッチによる王座戦を行い勝利。ベルトを奪取[22]。8月、新日本プロレスのG1 CLIMAXに初出場。Bブロックにエントリー。2勝6敗、勝ち点4という結果に終わる[23]。9月、カンペオン・ウニベルサルに出場。同月16日、決勝にてアベルノと対戦。勝利して優勝を飾った[24]。
2012年1月22日、日本で行われた新日本プロレス & CMLLの共催のイベントであるFantastica Mania 2012に参戦。ボラドール・ジュニアとNWA世界ヒストリックミドル級王座戦を行い、最後にセカンドロープからムーンサルト・ムーンサルトを決めて勝利。王座を防衛[25]。4月、NEW JAPAN CUPに初出場。同月5日、準決勝で後藤洋央紀と対戦。最後に昇天・改を決められ敗戦[26]。11月、2世レスラーによるトーナメントであるラ・コパ・ジュニアに出場。12月14日、決勝にてタマ・トンガと対戦。最後にセントーンを決めて勝利。優勝を飾った[27]。

2013年1月、日本で行われた新日本プロレス & CMLLの共催のイベントであるFantastica Mania 2013に参戦。同月19日、中邑真輔が保持するIWGPインターコンチネンタル王座に挑戦。最後にボマイェを決められ敗戦[28]。同月20日、NWA世界ヒストリックミドル級王座を保持するドラゴン・ロホ・ジュニアに挑戦。パワーボムを中心に試合を組み立てるドラゴン・ロホ・ジュニアに対しフォール技を敢行。最後にスクールボーイで何度もフォールを奪い最後にバックドロップを決めて勝利。ベルトを奪取[29]。2月、レイエス・デル・アイレに出場。同月15日、決勝にてボラドール・ジュニアと対戦。レフェリーのカウントの遅さにより業を煮やす両者であったが終盤に憤怒したボラドール・ジュニアによりマスクを剥がされるがボラドール・ジュニアがレフェリーを言い寄っている隙を突いて丸め込み勝利。優勝を飾った[30]。5月31日、CMLLに参戦していた中邑真輔と再びIWGPインターコンチネンタル王座戦を行う。一進一退の攻防が続く中で最後にスクールボーイスープレックスを決めて勝利。ベルトを奪取。第5代王者に輝いた[31]。7月、新日本プロレスのKIZUNA ROAD 2013に参戦。同月20日、中邑真輔とIWGPインターコンチネンタル王座戦を行う。終盤にブリランテドライバーを決めるカウント3を奪えず、スワンダイブボディアタックで追撃を試みるが ジャンピングニーで迎撃されるとジャンピングボマイェ、ボマイェと連続で決められ敗戦。ベルトを奪還された[32]。9月13日、CMLL創立記念興行80. Aniversarioにてボラドール・ジュニアとマスカラ・コントラ・マスカラを行う。お互いに死力を尽くし、最後にムーンサルトプレスでの決着を予告するもコーナー最上段へ登ったところを頭部にハイキックを受けるが持ち堪えてボラドール・ジュニアを捕まえると雪崩式ファルコンアローを決めて勝利。試合後、マスクを取る事に躊躇っていたボラドール・ジュニアであったが決意するとマイクで自身との試合を健闘できたと述べるとマスクを取り、抱擁を交わした[33]。
2014年1月、日本で行われた新日本プロレス & CMLLの共催のイベントであるFantastica Mania 2014に参戦。同月19日、ウルティモ・ゲレーロと対戦。終盤にコーナー最上段から場外へムーンサルトアタック、リングへ戻すとムーンサルトプレスを決めてムーンサルト・ムーンサルトを敢行するも両膝の剣山でブロックされるも素早く体勢を直してシャドードライバーを決めて勝利[34]。4月25日、ルーシュ、ラ・マスカラとロス・インデセアブレス(Los Indeseables)なるユニットを結成[35]。6月14日、NWA世界ヒストリックウェルター級王座を保持するボラドール・ジュニアと自身が保持するNWA世界ヒストリックミドル級王座を賭けたダブルタイトルマッチを行う。終盤にボラドール・スパイラルを喰らいフォールされるがラ・マスカラがレフェリーをリングから場外へ引きずり込むとルーシュがボラドール・ジュニアへルーシュ・ドライバーを決め、フォールを奪うとレフェリーは気付かずに3カウントを数え試合は終了。二冠王となった[36]。7月26日、ユニット名をロス・インゴベルナブレス(Los Ingobernables)へと改名[37]。11月、新日本プロレスのWORLD TAG LEAGUEに内藤哲也と組んで出場。Aブロックにエントリー。4勝3敗、勝ち点8という結果に終わった[38]。
2015年1月、日本で行われた新日本プロレス & CMLLの共催のイベントであるFantastica Mania 2015に参戦。同月19日、マスカラ・ドラダと対戦。終盤にドラダのファイヤーバード・スプラッシュを避けるとシャドードライバーを決めて勝利[39]。9月18日、CMLL創立記念興行82. Aniversarioのメインイベントに登場。アトランティスとマスカラ・コントラ・マスカラルールの三本勝負で対戦。1本目は自身のセコンドに付いていたルーシュがレフェリーの足を引っ張りカウントを妨害したため、反則負けを喫する。続く2本目ではシャドードライバーでアトランティスからピンフォール勝ちを収め勝敗を五分に戻し、試合は3本目に突入となるが、最後はアトランティーダでギブアップを奪われ敗戦した。試合後、ソンブラの父親であるブリランテの手によってマスクを剥がされ素顔を晒すと、アトランティスと握手を交わし互いの健闘を讃えあった[40]。10月31日、NWA世界ヒストリックウェルター級王座を保持するボラドール・ジュニアに挑戦。試合に乱入しようとしたルーシュとラ・マスカラを制止してクリーンファイトを行うが敗戦。試合後、再びボラドール・ジュニアを襲撃しようとするルーシュを再度止めて険悪な空気に陥る[41]。11月13日、険悪な仲となっていたルーシュと一騎討ちを行う。お互い白のコスチュームを身に纏って対戦。迷いのあるような攻防を繰り広げ、試合の進行も落ち着かない展開であったが最後にルーシュドライバーを決められ敗戦。試合後、マイクでお互いを讃え合いロス・インゴベルナブレスのタオルを広げ持ちユニットは健在である事をアピールした[42]。

中邑真輔の試合をテレビで見る方法は?これまでの経歴も解説!!

WWEでの活躍

ソース画像を表示

2015年11月19日、アメリカのメジャー団体であるWWEと契約を交わし入団した事を発表[43]。育成施設であるWWEパフォーマンスセンターにてCMLLで同僚であったサラ・ストックより英語を学びながらマイクアピールなどパフォーマンスの特訓に励みます。
2016年1月8日、傘下団体であるNXTのNXT Liveにてマニー・アンドラーデ(Manny Andrade)のリングネームでデビュー。素顔の姿でリディック・モスと対戦。最後にモスの顔面へランニングニーを決めて勝利を飾った[45]。
5月19日、リングネームをアンドラーデ "シエン" アルマス(Andrade "Cien" Almas)へと変更[46]。6月8日、NXT Takeover The Endにてタイ・デリンジャーを相手にNXTデビュー。序盤よりロープを使って寝転び余裕を見せるがバックブリーカーを喰らう失態を見せる。しかし、ムーンサルト・ムーンサルトを決めて観客を味方につけると試合を優勢に進め、最後にランニング・ダブルニーを決めて勝利した[47]。
2017年11月18日、Takeover: War Gamesにてマネージャーであるゼリーナ・ベガをセコンドに従え、NXT王座を保持するドリュー・マッキンタイアに挑戦。序盤よりマッキンタイアのフューチャーショック、自身のランニング・ダブルニー、ハンマーロックDDTと得意技を決めて激しい攻防を展開。終盤にマッキンタイアからクレイモアを喰らい窮地に陥るが、ランニング・ビックブートを避けてロープに誤爆させる。そしてコーナートップに登ろうとしたマッキンタイアの首を捕えるとエレベイテッドDDTを決めて勝利。ベルトを奪取した[48]。
2018年1月28日、WWE・Royal Rumble 2018に出場。ロイヤルランブルマッチにて7番手で登場。コフィ・キングストンにハンマーロックDDTを決めて落脱させる見せ場があったものの、24番手として入場したばかりのランディ・オートンにRKOを喰らい脱落した[49]。

2018年4月17日、WWE・SmackDown Liveにてスーパースター・シェイクアップが行われ、ゼリーナと共に昇格を果たす[50]。5月15日、SmackDown Liveにてゼリーナをセコンドに率いてWWEデビュー戦を行う。ジェイク・コンスタンティノと対戦。試合開始直後より圧倒。ランニング・ダブルニーからハンマーロックDDTへと繋げて勝利を飾った[51]。
2019年1月15日、SmackDown Liveでリングネームをアンドラーデ(Andrade)にマイナーチェンジしていますな。

(スカパーのお申し込みはこちらから)

真壁刀義の試合をテレビで生中継で見る方法は?これまでの経歴も紹介!

アンドラーデのファイトスタイル

ソース画像を表示

アンドラーデのファイトスタイルはその身体能力の高さを生かしたアクロバティックなファイトです。なのでプロレスの技をあまり知らない方でも楽しんで見れることが持ち味で見栄えの良い技を次々と決める選手ですね!

個人としてのハンマーロックDDT。相手を前屈の状態にして、右手で相手の左腕をハンマーロックで固定、そして右手で相手の頭部を抱え込みDDTを決める強烈な技です。

さらに相手をビック・ブーツのモーションでフェイントをしてから相手が油断したすきに、相手の顔面にローリング・バック・エルボーを打ち込むバック・エルボーや相手をコーナーポストに座らせた状態にさせ、対角線上のコーナーから助走をつけて飛び、両膝を突き出して決めるランニング・ダブルニー、スクールボーイの体勢で相手を捕らえ、そのまま丸め込まずに相手の右腿をクラッチし、強引に持ち上げて背面からマットに叩き付けフォールを奪うスープレックスであるソンブラ・ドライバーも使えますな。

打撃技も正面から相手の胸板に上から下へ片腕を振り下ろすようにチョップを打ち込むチョップ・スマッシュやドロップキック、ビッグブーツなど基本的な技は全て使えますね。

飛び技もコーナートップに直立し、場外にいる相手に向かって放っていく型のムーンサルト・スープレックスやラ・ケブラーダ、トップコーナー上で直立しながら尻餅をつき、トップロープのバウンドを生かしたムーンサルトプレスであるアラビアン・プレス、コーナートップからのリバウンド・ムーンサルトプレスのハリウッド・スタープレスを使いますね。

(スカパーのお申し込みはこちらから)

常に焦らないトランキーロなプロレスラー・・・内藤哲也!!

アンドラーデの試合の見所とまとめ

ソース画像を表示

いかがでしたでしょうか。WWEのリングでその圧倒的な身体能力で大きな相手を蹴散らしてしまい、タッグ戦でも抜群のコンビネーションを発揮するアンドラーデのプロレスは見るものを圧倒しておりWWEでも大きな人気を誇るレスラーです。

WWEにはプリンス・デビッド、AJスタイルズの活躍やかつて新日本で活躍してきた中邑真輔やKUSHIDA、戸澤明のWWE参戦も発表されましたし、新日本出身のレスラーとの激突が日本のファンから大きな期待を受けているのは間違いありません。

そんな彼の現在の試合をテレビの大画面で見るにはスカパーのJ SPORTSとの契約が必要ですが、彼の試合にはその料金以上の価値があるエキサイティングなものが多いですよね!

これを機に彼の試合と他のスポーツも合わせて見てみてはいかがでしょうか。
(スカパーのお申し込みはこちらから)

プリンス・デビッド(フィン・ベイラー)の試合をテレビで見る方法は??これまでの経歴も紹介!!

 

おすすめの記事