日本のプロレス界においてベテランとして、縁の下の力持ち的な役割をこなしているTAKAみちのく。彼の試合はかなり人気を集めており、鈴木軍の一員として活躍していますね。

ソース画像を表示

新日本のリングでは鈴木みのるが引き連れる鈴木軍というユニットのメンバーで活躍中。他のインディー団体でも多く活躍しており、タイチとのタッグなどが有名です。

現在のフィニッシャーはみちのくドライバー。相手の両腕をクロスさせて、シットダウン式ジャンピング・パワーボムの型で落とすⅠと相手をボディスラムの体勢に抱え上げた状態から、ジャンプすると同時に前方に両足を開脚し、頭部からマットに叩き落とすⅡ、リバースブレーンバスターのクラッチで相手を抱え上げてみちのくドライバーIIのように相手を脳天からおとすβがありますね!

他にもうつ伏せ状態の相手の横から、背を思い切り反らして絞り上げる変型フェイスロックのジャスト・フェイスロック、リング上で加速をつけてトップロープに両足で飛び乗り、場外の相手に向かって体を預けていく宇宙人プランチャ、リングの中から体を半捻りさせながらトップロープに飛び乗りリングの内側を向いた状態になり、そのまま場外の相手にムーンサルト・アタックを仕掛ける宇宙人ケブラーダを得意としていますね。

プロレスが大好きな方もあまりプロレスを知らないけどこれから見たい人も実績とヒールとしての人気抜群の彼の試合は必ず見たいはず…そう考えて彼の簡単な経歴をまとめました!

AJスタイルズの試合を日本で見る方法は?これまでの経歴も紹介!

TAKAの戦歴

TAKAの経歴

ソース画像を表示

TAKAは1973年生まれ。父が雪印に務めていたため、千葉県四街道市、石川県金沢市、岩手県盛岡市と転勤を繰り返していた。
岩手県立盛岡工業高等学校卒業後、ユニバーサル・プロレスリングに入門。
1992年9月4日、ユニバーサル・プロレスリング後楽園ホール大会の対スペル・ティグリート戦でデビュー。リングネームはユニバーサル・プロレスリングの先輩であり、同郷でもあるザ・グレート・サスケの若手時代のリングネーム「MASAみちのく」を引き継いだものである。また、三度笠の旅烏スタイルでファイトをしていた。9月、シリーズ終了後にサスケから、みちのくプロレスの旗揚げ構想を聞かされて、みちのくプロレスへの入団を誘われて、みちのくプロレスに入団。以後、サスケと共に、みちのくプロレスの設立準備を続けていた。

1994年4月16日、新日本プロレス主催で開催された「SUPER J-CUP」に出場。6月、新日本プロレスで開催された「BEST OF THE SUPER Jr.」に出場。同年、ルード軍「デルフィン軍団」に加入したことで愚乱・浪花との抗争が勃発。9月29日、浪花とのデルフィン軍団遺恨清算マッチ後に浪花と和解。
1995年12月13日、船木勝一とタッグチーム「夢狩人」を結成。
1996年6月14日、船木と共にルード軍「海援隊☆DX」に加入。
1997年5月、メキシコ遠征に行く。7月、WWFでサスケのトライアウトの対戦相手に指名されてカナダで2連戦が行われて逆にTAKAがトライアウトに合格。理由はサスケの体調がよくないことと黒装束がアメリカでは悪役にしか見られなかったことが影響している。このことでサスケは横取りされたと激怒して2人の仲に亀裂が生じた。10月にWWFと契約。10月10日、みちのくプロレス両国国技館大会に参戦。サスケとのシングルマッチが行われて敗れた。試合終了後にサスケと握手を交わした。12月7日、王座決定トーナメントで優勝して初代WWFライトヘビー級王者(復活版)になった。
1998年3月29日、WWFで年間最大の祭典であるレッスルマニアXIVに日本人レスラーとして初出場。アギラとのWWFライトヘビー級選手権試合に勝利して初防衛に成功。また、フナキとのタッグチーム「カイエンタイ」では、英語でマイクアピールが出来ないという欠点を逆手に取り、映画の吹き替えのように「口と声が合っていない」マイクアピールを行い、不思議な人気を獲得。この頃、カイエンタイのTシャツが売り上げNo.1になったこともある。
1999年3月13日、みちのくプロレス矢巾町民総合体育館大会に参戦。
WWEに参戦した当時は「メジャーリーガー」と、その立場を野球に例えられたが、本人はメキシコ遠征の延長で、そこにつながっただけと思っている。しかし、24歳から28歳の1番体が動く時期にプロレス界最大手の表も裏も見えたのは本人にとって良い経験であり、毎週身長2m級の大男にやられたことで耐久力もついたと振り返っている[2]。
2000年10月、プエルトリコに日本人プロレスラー養成道場「KAIENTAI DOJO」を設立。
2001年、怪我で欠場。

新日本プロレスの太陽王!棚橋弘至!

(スカパーのお申し込みはこちらから)

新日本プロレスでの活躍

ソース画像を表示

2002年3月1日、横浜アリーナで開催されたWWFの日本公演でフナキの試合にセコンドとして登場したのを最後にWWFを退団。3月、KAIENTAI DOJOがプエルトリコから撤退してTAKAの地元千葉県に拠点を移した。4月20日、ディファ有明でKAIENTAI DOJOの旗揚げ戦「CLUB-K SUPER ev.」を開催。
2003年、全日本プロレスが武藤敬司体制になって以降、請われて全日本に参戦するようになり、外国人レスラー軍「RO&D」を団体内の一大勢力として纏め上げた。また、巧みな話術を生かし、興行スタート時の前説(RO&Dタイム)も務めていた。
2004年10月24日、プロレスリング・ノアに参戦し、金丸義信のGHCジュニアヘビー級王座に挑戦。
2005年1月5日、全日本プロレスの世界ジュニアヘビー級王座を獲得。1月10日、KAIENTAI DOJOのCHAMPION OF STRONGEST-K王座を獲得。全日本プロレスの世界ジュニアヘビー級王座、KAIENTAI DOJOのCHAMPION OF STRONGEST-K王座、みちのくプロレスの東北ジュニアヘビー級王座の三冠王となった。7月3日、DRAGON GATEに参戦、望月成晃のオープン・ザ・ドリームゲート王座に挑戦。12月9日に開催されたインディーサミットにも出場。
2006年、RO&Dの活動はVOODOO-MURDERSとの解散マッチに敗れたため終了。6月4日、TOMOみちのくとのタッグでWEWハードコアタッグ王座を獲得。12月31日に開催されたインディーサミットの選手兼マッチメイカーとして出場。
2007年2月、カズ・ハヤシらとメキシコに遠征するはずだったが、車上荒らしによりパスポートを紛失したため、日本に残った。全日本プロレスの3月シリーズより、贋メキシカン・トリオ「メキシコ・アミーゴス」のリーダー、ペペみちのくとして登場(他のメンバーはカズが扮するミゲル・ハヤシJrとNOSAWA論外が扮するエル・ノサワ・メンドーサ)。偽物感溢れるメキシカンテイストで人気を博した。一方、プロレスリング・ノアの4月シリーズにおいて、一度袂を別ったブキャナン、ディーロ・ブラウンと再度組んでRO&Dを復活させた。2007年5月2日、新日本プロレス後楽園ホール大会で、東郷とのタッグでIWGPジュニアタッグ王座を奪取した。8月12日、KAIENTAI DOJO後楽園ホール大会でSTRONGEST-Kトーナメント初優勝。
2007年12月、ブログで結婚したことを発表。
2011年1月30日、新日本プロレスの後楽園ホール大会にNOSAWAと共に突如姿を現した。そこで、IWGPジュニアヘビー級王座とIWGPジュニアタッグ王座へ挑戦表明をした。小島聡、MVP、タイチ、NOSAWAらと共に小島軍(仮)を結成。
2011年2月20日、仙台サンプラザホールにてプリンス・デヴィットの持つIWGPジュニアヘビー級王座に挑戦。ラ・ケブラーダなどを放ちデヴィットを追い込んだが、最後はデヴィットのブラディサンデーによって敗れた。
5月3日の福岡国際センターでの小島対真壁刀義戦の試合後、真壁に敗れた小島をタイチと共に襲撃し、小島軍(仮)が解体された。この後突如現れた鈴木みのると結託し、鈴木軍を結成。この試合を機にタッグを結成した小島、真壁と抗争を展開。
2011年11月12日、同年2度目のIWGPジュニアヘビー級王座に挑戦、しかしデヴィットのブラディサンデーで敗れた。
2013年5月11日、南条隼人に勝利してインディペンデント・ワールド・ジュニアヘビー級王座を奪取。TEPPEIに敗れるまで16度の防衛を果たしている。
2013年から2014年頃はKAIENTAI DOJOの経営危機であり、Blue Fieldの家賃も支払えなかったという。しかし、十枝利樹(現在の会長)に出会い、会社の立て直しをしてもらった[2]。
2017年8月、全日本プロレス45周年記念両国大会〜新たなる決意〜でブラックタイガーVIIと組みアジアタッグ王座に挑戦[3]。
2017年9月4日の「TAKAみちのく25周年記念大会~SIMPLE IS BEST~」では飯伏幸太とタッグを組むことが明かされた。当初吉田綾斗をオカダ・カズチカと対戦させたかったが吉田が怪我をしてしまったため、ならばここは自分のやりたいことをやろうと思って飯伏とのタッグを組んだ。メイン以外ではKAIENTAI DOJOの若手にチャンスを与えている。グレート・サスケ、スペル・デルフィン、ディック東郷の3人タッグなどのこれまでにないカードも見られている。この興業を計画した背景には、バンビやERINAという所属している2人の女子レスラーがどこまで他団体のメジャーどころに通じるかという狙いもある[2]。
2015年よりKAIENTAI DOJOイズム継承マッチを行っていて本田アユム、洞口義浩、吉野コータローなどの若手選手やヒロ・トウナイやバンビと対戦を行う。TAKA曰く無駄な技を減らし、頭から落とすような危険な技をせず、ロープワークや無駄なフォール、打撃すらも極力削りとった、一点集中で試合を構築し、自らの必殺技一発で勝利する試合がKAIENTAI DOJOイズムであるという[4]。
2018年11月6日、FLASHで不倫が報道された。
2019年1月19日、記者会見を行って1月30日付でKAIENTAI DOJOの取締役解任及び退団することを発表。退団に関しては本人の責任を取りたいという希望による[5]。退団に際して週刊プロレスは「後輩の手本となるべき存在であるにもかかわらず、実際は反面教師になってしまった」、「S-K王座を持っていたのは10年も前になり、ここ数年は前線に立ってなかったので、いなくなってもリングに大きな変化はない」と不倫報道の責任を仄めかし、KAIENTAI DOJOでの重要性が低くなっていたことも指摘している[6]。4月11日、プロフェッショナルレスリングJUST TAP OUTを設立することを発表[7]。7月8日、後楽園ホールでプロフェッショナルレスリングJUST TAP OUTの旗揚げ戦を開催。

コフィ・キングストンの試合を日本からテレビで見る方法は?これまでの経歴も紹介!

(スカパーのお申し込みはこちらから)

 TAKAのファイトスタイル

ソース画像を表示

TAKAのファイトスタイルはスキルフルなスタイルです。ヘビー級では体格の比較的小さなタ

現在のフィニッシャーはみちのくドライバー。相手の両腕をクロスさせて、シットダウン式ジャンピング・パワーボムの型で落とすⅠと相手をボディスラムの体勢に抱え上げた状態から、ジャンプすると同時に前方に両足を開脚し、頭部からマットに叩き落とすⅡ、リバースブレーンバスターのクラッチで相手を抱え上げてみちのくドライバーIIのように相手を脳天からおとすβがありますね!

他にもうつ伏せ状態の相手の横から、背を思い切り反らして絞り上げる変型フェイスロックのジャスト・フェイスロック、リング上で加速をつけてトップロープに両足で飛び乗り、場外の相手に向かって体を預けていく宇宙人プランチャ、リングの中から体を半捻りさせながらトップロープに飛び乗りリングの内側を向いた状態になり、そのまま場外の相手にムーンサルト・アタックを仕掛ける宇宙人ケブラーダを得意としていますね。

オカダカズチカの試合を生放送で見る方法は?これまでの経歴も紹介!

(スカパーのお申し込みはこちらから)

TAKAの試合の見所とまとめ

ソース画像を表示

いかがでしたでしょうか。日本のリングでオカダカズチカ、内藤哲也、棚橋弘至、鈴木みのると並び、日本のプロレスラーとして圧倒的な知名度を誇るTAKA。新日本でも自分で団体を率いていたなどかなり異質な存在で常に注目を集めています!

彼の試合はヘビー級でもかなり評価をされており、近いうちにIWGP王座に挑む日も来るかもしれませんね!!

そんな彼の試合をテレビの大画面で見るにはスカパーのサムライTVとの契約が必要ですが、彼の試合にはその料金以上の価値があるエキサイティングなものが多いですよね!

これを機に彼の試合と他のスポーツも合わせて見てみてはいかがでしょうか。

(スカパーのお申し込みはこちらから)

身体能力抜群のペイ・ダート!シェルトン・ベンジャミン!

 

おすすめの記事