2010年よりWWEに参戦してベビーフェイスのレスラーとしてとても大きな人気を誇るタイラー・ブリーズ。高い身体能力を生かしたファイトで人気ですね。

ソース画像を表示

これまでNXTのタッグタイトルを獲得していますね。

個人としてのフィニッシュホールドはアンプリティアー。タイガースープレックスの要領で相手の背後にまわり腕の外から脇に腕を入れたら回転し、自分の背中に相手が向いた状態で仰向けに倒れこみ、相手の顔面を叩きつける技ですね。

さらに相手の正面に立って右足を軸にして体を右方向へと回転させて相手に背中を向けた状態になったところで軸足を左足に切り替えて体を右方向へと更に軽く捻りながら右足を振り上げて右足の裏(主に踵)で相手の顔を蹴り飛ばすビューティーショット、相手に対して背後を向いた状態、もしくは横向きの状態から片足を後方に真っ直ぐ高く伸ばして相手の顎や頭部、ないし喉や胸元を、自らの踵や足裏で蹴り上げる、もしくは側方から蹴り払うスーパーモデルキックを使用します。

他にもスマートフォンで相手を殴打する反則技のセルフィー、相手の正面からジャンプして両肩に乗って両足で頭を挟み込み、自身の頭を振り子の錘のように使って後方へと倒れこみ、相手の股の間を潜りこむ。その勢いを使って相手を前方に回転させつつ両足をとって回転エビ固めの要領でフォールを狙うウラカン・ラナを使用します。

最も有名なレスラーの一人として高い人気を誇るブリーズ。日本でも高い人気を誇る彼の試合をテレビで見る方法とこれまでの来歴をまとめてみました!

日本からWWEの試合をテレビで見る方法は?注目選手も紹介!


ブリーズの試合をテレビで見る方法

  日本からテレビでブリーズの試合を見るにはJ SPORTS!!

ソース画像を表示

結論から言うと、ブリーズの試合は地上波は生中継は致しません。

彼の試合をテレビで見るにはスカパーと契約する必要があります!!

スカパーと契約するとJ SPORTSを見られるようになり、ブリーズの試合放送はJ SPORTSでやってるんですね!
(スカパーのお申し込みはこちらから)

J SPORTSの月会費は?

ソース画像を表示

J SPORTSの月会費は月額2676円です。
また、加入した月は無料で、翌月から視聴料が発生します。
たとえば、4/18に加入したとすると、4/18~4/30までは料金無料で見放題、5/1~通常料金の2676円となるわけです。

J SPORTSではイギリスプレミアリーグや、WWEのロウ、NBA、野球などほとんど全てのスポーツ中継を網羅しているのでスポーツ好きなら契約して損はないと思います!

J SPORTSを見るための環境にいるものは?

ソース画像を表示

J SPORTSを見るにはスカパーと契約した上で以下の機器が必要です。

1:BSデジタルチューナー内蔵テレビ、もしくはBSデジタルチューナー内蔵レコーダーなど(要B-CASカード)
2:BSアンテナ、もしくはケーブルテレビ

既に現在、BS放送が見られる・J:COMなどのケーブルテレビ局でテレビを見ている・スカパー!を契約しているなどの場合は、ネットで申し込むだけでJ SPORTSが見られる状態です。
ネットで申し込みをしてから約15分程度でJ SPORTSが視聴可能となります。
(スカパーのお申し込みはこちらから)

R・トゥルースの試合をテレビで見る方法は?これまでの経歴も紹介!

ブリーズについて

ソース画像を表示

ブリーズの経歴

ブリーズは1988年生まれ。カナダのブリティッシュコロンビア州バンクーバー出身。身長は185センチで小さく、ウェイトは88キロと小さ目のヘビー級ですね。

2010年、WWEとディベロップメント契約を交わし入団。傘下団体のFCWにマット・クレメント(Matt Clement)のリングネームでデビュー。その後、マイク・マクグラス(Mike McGrath)へと改名。2011年4月にマイク・ダルトン(Mike Dalton)へと改名。 12月15日にFCWフロリダヘビー級王座 への挑戦権を賭けたバトルロイヤルにて優勝。当日に行われた王座戦にてレオ・クルーガーに挑戦するが敗戦した。2月2日には再戦を行い勝利し、FCWフロリダヘビー級王座を奪取することに成功した。しかし、同月21日にクルーガーと三度戦うことになり、敗戦して王座を奪われた。5月、NXTシーズン5に参加し、エグザビアー・ウッズとのタッグで出場してジ・アセンションと抗争するが連敗が続きフェードアウト。またNXTがFCWと合併して新生NXTとなったために移行するが、テレビショーでの出場は激減し、ハウスショーでの出場が中心となっていた。
2013年6月、ナルシストのモデルギミックであるタイラー・ブリーズ(Tyler Breeze)へと変更。7月25日、NXTにてアンジェロ・ドーキンスと対戦して勝利した[2]。8月6日にはダニー・バーチとスカッシュマッチを行い圧勝した。以降、試合に出場する度に自分をスマートフォンで連写するパフォーマンスが恒例となるが、悪戯で写真に写りこんだCJパーカーを見つけたことにより因縁が生まれ、抗争を開始。スマートフォンで殴打する卑怯な手段などで勝利し続けたが10月30日の決着戦にて敗れた[3]。パーカーとの抗争後、11月20日より開始されたNXT王座挑戦権を懸けたビート・ザ・クロック・チャレンジマッチにてカシアス・オーノと対戦するも敗戦し、王座戦線から早々に離脱するも同月27日、オーノにリベンジマッチを申し込み、わずか9秒で勝利するという事態になった。12月18日、ボー・ダラス vs エイドリアン・ネヴィルによるランバージャックマッチ形式の王座戦にランバージャックの一人として登場した際、試合中にネヴィルと睨み合い、張り手を喰らった事からネヴィルに妨害し敗戦させたことで因縁が生まれた[4]。
2014年1月15日、ネヴィルとの因縁の対戦を行うも敗戦。この一戦をきっかけにプッシュされるようになり、2月19日にはリベンジマッチを組まれるも返り討ちにされた[5]。5月15日、NXT王座挑戦権を懸けたトリプルスレットマッチにタイソン・キッド、サミ・ゼインと対戦するが挑戦権を獲得するに至らなかった。5月29日、TakeoverではゼインとNXT王座挑戦権を懸けたシングルマッチを行い勝利。挑戦権を獲得した。6月より入場曲を一新し、プロモーションを流してアピールするが指を骨折し、短期欠場となった。復帰後、8月14日にネヴィルとNXT王座戦を行うが場外へと投げ出された際にタイソン・キッドの介入によりノーコンテストとなった。これに憤慨したブリーズはネヴィルだけでなく、タイソン・キッドにも襲撃するが最終的にサミ・ゼインがリング内へと駆け込み睨み合いの展開へとなり終結した[6]。
2015年7月16日、NXTにてGMであるウィリアム・リーガルにトップとの選手と対戦する事を要望したところ、8月22日に行われるTakeover Brooklynにて獣神サンダー・ライガーと対戦する事を伝えられた[7]。そして8月22日、Takeover Brooklynにてライガーと対戦。試合では終始ライガー優勢で進み最後にはライガーボムを決められて敗戦した[8]。10月7日、Takeover Respectにてアポロ・クルーズと対戦。ブリーズの蹴り技を中心とした打撃で試合を組み立て、シャープシューターやウラカン・ラナなどで隙を突いて仕掛ける。しかし、クルーズのカウンター技で返され、終盤にスタンディング・ムーンサルトプレスを膝による剣山で返してランニングエルボーを決めるが2回目のランニングエルボーを仕掛けたところバイシクルキックで切り返され、スタンディング・ブルーサンダーを喰らい敗戦した[9]。

スイス発のマネーレスラー!セザーロ!

WWE時代

ソース画像を表示

2015年10月22日、WWE・SmackDownにて昇格。ザ・ミズが担当するトークコーナーであるMizTVでディーヴァのサマー・レイとドルフ・ジグラーの口論にてサマーの新たなパートナーとして紹介され登場。ジグラーに馬鹿にされると襲撃を始め、ビューティーショットを決めてリングから去った[10]。11月9日、RAWにて空位となったWWE世界ヘビー級王座争奪トーナメントに出場。1回戦にてディーン・アンブローズを相手にWWEでのデビュー戦を行うが場外からリングに戻ってきたところへ丸め込まれ敗戦した[11]。11月22日、Survivor Series 2015にてドルフ・ジグラーと対戦。終盤にジグラーのスーパーキックを避けて場外へ逃げようとするが捕まり、カウンターでジグラーの脛を蹴り怯んだところへアンプリティアーを決めて勝利した[12]。
2017年4月18日のSmackDown Liveにて“ブリーザンゴ”として同じヒールの“ジ・アセンション”と対戦。その後はベビーフェイスの“アメリカン・アルファ”との対戦をTV及びライブ(ハウスショー)で続けていたが、4月28日ペオリア大会で再び“ジ・アセンション”と対戦。それ以降は、“ジ・アセンション”やRAWから移ってきた“ザ・コロンズ”、エイデン・イングリッシュとヒールサイドのまま対戦を続け、徐々にベビーフェイス化していく。そして5月23日の“Smackdown Live”での“ウーソズ”とのタッグ王座戦を機に正式にフェイスターンを果たした。

ジンダー・マハルの試合を日本からテレビで見る方法は?これまでの経歴も紹介!

(スカパーのお申し込みはこちらから)

ブリーズのファイトスタイル

ソース画像を表示

ブリーズのファイトスタイルはその優れたスピードを生かしたファイトで、打撃技を中心としたプロレスらしいプロレスをするタイプのプロレスラーですね!!

個人としてのフィニッシュホールドはアンプリティアー。タイガースープレックスの要領で相手の背後にまわり腕の外から脇に腕を入れたら回転し、自分の背中に相手が向いた状態で仰向けに倒れこみ、相手の顔面を叩きつける技ですね。

さらに相手の正面に立って右足を軸にして体を右方向へと回転させて相手に背中を向けた状態になったところで軸足を左足に切り替えて体を右方向へと更に軽く捻りながら右足を振り上げて右足の裏(主に踵)で相手の顔を蹴り飛ばすビューティーショット、相手に対して背後を向いた状態、もしくは横向きの状態から片足を後方に真っ直ぐ高く伸ばして相手の顎や頭部、ないし喉や胸元を、自らの踵や足裏で蹴り上げる、もしくは側方から蹴り払うスーパーモデルキックを使用します。

他にもスマートフォンで相手を殴打する反則技のセルフィー、相手の正面からジャンプして両肩に乗って両足で頭を挟み込み、自身の頭を振り子の錘のように使って後方へと倒れこみ、相手の股の間を潜りこむ。その勢いを使って相手を前方に回転させつつ両足をとって回転エビ固めの要領でフォールを狙うウラカン・ラナを使用します。

(スカパーのお申し込みはこちらから)

ニュー・デイのパワー男!ビッグ・E!

ブリーズの試合の見所とまとめ

ソース画像を表示

いかがでしたでしょうか。WWEのリングでそのスキルと高いパフォーマンス力を生かした正義感溢れるファイトで観客を魅了しているブリーズ。世界を代表するプロレスラー高い存在感を放っていますね!!

WWEにはプリンス・デビッド、AJスタイルズの活躍やかつて新日本で活躍してきた中邑真輔やKUSHIDAのWWE参戦も発表されましたし、新日本出身のレスラーとの激突が日本のファンから大きな期待を受けているのは間違いありません。

そんな彼の現在の試合をテレビの大画面で見るにはスカパーのJ SPORTSとの契約が必要ですが、彼の試合にはその料金以上の価値があるエキサイティングなものが多いですよね!

これを機に彼の試合と他のスポーツも合わせて見てみてはいかがでしょうか。
(スカパーのお申し込みはこちらから)

プリンス・デビッド(フィン・ベイラー)の試合をテレビで見る方法は??これまでの経歴も紹介!!

おすすめの記事