2019より新日本プロレスにて活躍しているレスラーのエル・ファンタズモ。そのレスラーとしては少し小さな見た目から驚異的な身体能力を生かして人気の高いレスラーです。

ソース画像を表示

ファンタズモは身長185センチとプロレスラーとしてはとても小さな体を持ちます。体重も85キロなので平均的なジュニア・ヘビー級ですね。

個人としてのフィニッシュホールドはCR II相手の頭を自身の股の間に挟み、相手が受け身が取れないように、相手の両腕を胴体背面でロックさせた状態でドリル・ア・ホール・パイルドライバーの体勢で相手を持ち上げてさらに受け身が取れないように前方に叩きつける変形フェイス・バスターですね。

更に相手の片腕を首に巻き付けるようにし、その状態からアルゼンチン・バックブリーカーの体勢で持ち上げ、自ら、旋回しながらネックブリーカードロップでマットに叩きつけるスピニングネックブリーカードロップエルボー・スタンプジャンピング・ニーバット、カナディアンデストロイヤなどを使用しますね。

その驚異的な身体能力で多くの自分よりも大きな相手を倒すスタイルのニコルス。わかりやすいファイトスタイルで日本でも高い人気を誇る彼の試合をテレビで見る方法とこれまでの来歴をまとめてみました!

日本からWWEの試合をテレビで見る方法は?注目選手も紹介!

ファンタズモの試合をテレビで見る方法

  日本からテレビでファンタズモの試合を見るにはJ SPORTS!!

ソース画像を表示

結論から言うと、ファンタズモの試合は地上波は生中継は致しません。

彼の試合をテレビで見るにはスカパーと契約する必要があります!!

スカパーと契約するとJ SPORTSを見られるようになり、ファンタズモの試合放送はJ SPORTSでやってるんですね!
(スカパーのお申し込みはこちらから)

J SPORTSの月会費は?

ソース画像を表示

J SPORTSの月会費は月額2676円です。
また、加入した月は無料で、翌月から視聴料が発生します。
たとえば、4/18に加入したとすると、4/18~4/30までは料金無料で見放題、5/1~通常料金の2676円となるわけです。

J SPORTSではイギリスプレミアリーグや、WWEのロウ、NBA、野球などほとんど全てのスポーツ中継を網羅しているのでスポーツ好きなら契約して損はないと思います!

J SPORTSを見るための環境にいるものは?

ソース画像を表示

J SPORTSを見るにはスカパーと契約した上で以下の機器が必要です。

1:BSデジタルチューナー内蔵テレビ、もしくはBSデジタルチューナー内蔵レコーダーなど(要B-CASカード)
2:BSアンテナ、もしくはケーブルテレビ

既に現在、BS放送が見られる・J:COMなどのケーブルテレビ局でテレビを見ている・スカパー!を契約しているなどの場合は、ネットで申し込むだけでJ SPORTSが見られる状態です。
ネットで申し込みをしてから約15分程度でJ SPORTSが視聴可能となります。
(スカパーのお申し込みはこちらから)

戸澤陽の試合を日本から見る方法は?これまでの経歴も紹介!

ファンタズモについて

ファンタズモの経歴

ソース画像を表示

ファンタズモは1986年生まれ。カナダの男性プロレスラーバンクーバー出身.

2005年10月のハロウィーンヘルで、 エクストリームカナダ選手権レスリング (ECCW)のバトルロイヤルでデビュー[要出典]

Haloとタッグチームを結成し、2007年3月3日、バンクーバーで行われたテーブル、ラダー、チェアー形式の試合でModels, Inc.を破った後、 NWA / ECCWタグチームチャンピオンシップの第1位候補となり、バンクーバーで5月5日にチルタウンとの別のTLCマッチで最終的にタイトルを獲得しました。 タイトル防衛戦を1回成功させた後、7月27日にサリーで行われた6人のタッグマッチでGreatness on Demandのタイトルを失う[要出典]

2013年7月6日に最初のECCWチャンピオンシップを獲得[要出典]

2014年1月18日、ラダーマッチのボールルームブロール1で「Ravenous」ランディマイヤーズに優勝[要出典]

2016年1月16日、Ballroom Brawl 5でスチールケージの試合でScotty Macを破ってECCWチャンピオンシップを2度獲得[要出典]

2017年1月14日にBallroom Brawl 7でカイルオライリーにタイトルを失う。2017年のECCWでの最後の試合は、2017年5月27日にカナダ選手権で行われ、アンディバードに敗北[要出典]

2017年6月4日デビッド・スター戦でRPWに初参戦[要出典]

2018年9月に行われたブリティッシュJカップに出場。16人のトーナメントを勝ち抜き、優勝した[要出典]

2019年5月19日ラダーマッチで行われたRPWブリティッシュクルーザー級王座選手権でデビッド・スターに勝利し、第19代王者となる[要出典]

2020年2月14日、ヨークホールで行われたRPWブリティッシュクルーザー級王座選手権でマイケル・オクに敗れ王座を陥落する[1]

ジンダー・マハルの試合を日本からテレビで見る方法は?これまでの経歴も紹介!

新日本プロレス時代

ソース画像を表示

2019年3月、BULLET CLUBの新メンバー登場を示唆する映像が公開され、新日本プロレスの各会場でも放映される[2][3]

5月4日福岡国際センター大会で、「X」と発表されていた新メンバーはファンタズモであると発表される。また、同日行われたタッグマッチではウィル・オスプレイからピンフォールを奪う[4]

5月13日から行われたBEST OF SUPER Jr.26に初出場し、Bブロックにエントリー。6勝3敗の戦績を収め、Bブロック3位となった[5]

6月16日、メインでIWGPジュニアタッグ王座戦として、王者のROPPONGI 3KSHO&YOH)に石森太二&エル・ファンタズモ組で挑戦。タッグではRPG 3Kに一日の長があるものの、BULLETコンビもインサイドワークを駆使して王者組を崩しにかかる。終盤、石森太二&エル・ファンタズモ組はダーティーファイトを解禁。ファンタズモがYOHに急所攻撃を見舞うと、石森がサイファーウタキ。そして最後はファンタズモがCR IIでYOHを沈め、新チャンピオンとなる[6]

8月23、24,25日の3連戦で行われたSUPER J-CUP2019でトーナメントを勝ち抜き、決勝でドラゴン・リーを破り初優勝[7]。試合後のマイクでオスプレイの持つIWGPジュニアヘビー級王座への挑戦を表明した[8]

9月16日、第8試合でザ・バーズ・オブ・プレイ(ウィル・オスプレイ&ロビー・イーグルス)と防衛戦。8.31イギリスでノンタイトル戦ながら石森&ファンタズモ組を下しているザ・バーズ・オブ・プレイは、高度な連携技、華麗なハイフライムーブでBULLET攻略を図るが、王者組も巧みなインサイドワークで応戦し、最後は孤立したイーグルスを、石森のブラディークロスからファンタズモのCR IIで撃沈。IWGPジュニアタッグ王座初防衛に成功した[9]

10月14日、IWGPジュニアヘビー級王座でオスプレイと対戦。序盤はクリーンファイトを展開していたが途中でダーティーファイトを解禁。途中で石森が乱入するも、イーグルスに排除されるなど終盤まで攻守が激しく入れ替わった熱闘だったが最後はオスプレイのヒドゥンブレードからのストームブレイカーで敗北した[10]

10月16日から開催されたSUPER Jr. TAG LEAGUE 2019に石森太二をパートナーとして参戦。石森太二&エル・ファンタズモ組、RPG 3K、エル・デスペラード金丸義信組の3チームが5勝2敗で公式戦を終了したが、直接対決の勝利により1位は鈴木軍タッグ、2位はRPG 3Kと決定した為、優勝決定戦には進めなかった[11]

11月3日、SUPER Jr. TAG LEAGUE優勝決定戦に勝利したRPG 3Kを石森と共に襲撃し、優勝トロフィーを強奪した[12]

2020年1月5日、東京ドーム大会にてSUPER Jr. TAG LEAGUE 2019優勝チームのRPG 3KとのIWGPジュニアタッグ王座戦で敗北し、王座陥落[13]


ファンタズモのファイトスタイル

ソース画像を表示

ファンタズモのファイトスタイルはその身体能力の高さを生かした跳躍のあるファイトです。なのでプロレスの技をあまり知らない方でも楽しんで見れることが持ち味で見栄えの良い技を次々と決める選手ですね!

個人としてのフィニッシュホールドはCR II相手の頭を自身の股の間に挟み、相手が受け身が取れないように、相手の両腕を胴体背面でロックさせた状態でドリル・ア・ホール・パイルドライバーの体勢で相手を持ち上げてさらに受け身が取れないように前方に叩きつける変形フェイス・バスターですね。

更に相手の片腕を首に巻き付けるようにし、その状態からアルゼンチン・バックブリーカーの体勢で持ち上げ、自ら、旋回しながらネックブリーカードロップでマットに叩きつけるスピニングネックブリーカードロップエルボー・スタンプジャンピング・ニーバット、カナディアンデストロイヤなどを使用しますね。

(スカパーのお申し込みはこちらから)

常に焦らないトランキーロなプロレスラー・・・内藤哲也!!

ファンタズモの試合の見所とまとめ

ソース画像を表示

いかがでしたでしょうか。WWEのリングでその圧倒的な身体能力で大きな相手を蹴散らしてしまうファンタズモのプロレスは見るものを圧倒しており世界でも大きな人気を誇るレスラーです。

今後目指すことになるWWEにはプリンス・デビッド、AJスタイルズの活躍やかつて新日本で活躍してきた中邑真輔やKUSHIDA、戸澤明のWWE参戦も発表されましたし、新日本出身のレスラーとの激突が日本のファンから大きな期待を受けているのは間違いありません。

そんな彼の現在の試合をテレビの大画面で見るにはスカパーのJ SPORTSとの契約が必要ですが、彼の試合にはその料金以上の価値があるエキサイティングなものが多いですよね!

これを機に彼の試合と他のスポーツも合わせて見てみてはいかがでしょうか。
(スカパーのお申し込みはこちらから)

プリンス・デビッド(フィン・ベイラー)の試合をテレビで見る方法は??これまでの経歴も紹介!!

おすすめの記事